オリックスがオープン戦4連勝! 太田椋が猛打賞、先発の山崎福也は5回1失点

2021.3.10(水) 21:09 パ・リーグ インサイト
3/10 バファローズ対スワローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/10 バファローズ対スワローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月10日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと東京ヤクルトのオープン戦は、7対6でオリックスが勝利。太田椋選手が猛打賞、ジョーンズ選手、モヤ選手、伏見寅威選手がマルチ安打を記録し、オープン戦4連勝を飾った。

 オリックスは1回裏、先頭の太田椋選手が右二塁打を放つと、4番・ジョーンズ選手に適時打が生まれて1点を先制。続く2回裏には、伏見選手、山足達也選手、太田選手、佐野皓大選手の4連打で3点を挙げると、ジョーンズ選手の2打席連続適時打、モヤ選手のオープン戦1号2ランでスコアは7対0に。2回までに9安打を放つ怒涛の攻撃で、東京ヤクルトの先発・石川雅規投手をマウンドから引きずり降ろした。

 大量援護を受けた先発の山崎福也投手は、危なげない投球を披露。5回表に連打で1死1、2塁のピンチを招き、元山飛優選手の適時打で1点を失ったが、好守にも助けられそれ以上の失点は許さず。5回5安打1四球1失点でマウンドを後にした。

 一方的な試合が続くと思われたが、リリーフ陣がつかまった。6回表に2番手・ヒギンス投手が村上宗隆選手の1号2ランで4点差とされると、8回表は4番手・黒木優太投手が3安打を浴びて2失点。最終9回表は、阿部翔太投手が濱田太貴選手に2号ソロを許し、流れが相手へ傾きかけたが、最後は6番手・山田修義投手が村上選手を見逃し三振に斬り、試合終了。オリックスが7対6で4連勝を飾った。

  123456789 計
ヤ 000012021 6
オ 16000000X 7

ヤ ●石川雅規-寺島成輝-マクガフ-坂本光士郎-吉田大喜-長谷川宙輝
オ ○山崎福也-ヒギンス-能見篤史-黒木優太-阿部翔太-S山田修義

文・北嶋楓香

関連リンク

3/10 ベイスターズ対ファイターズ結果
3/10 イーグルス対マリーンズ結果
3/10 ドラゴンズ対ライオンズ結果
3/10 ホークス対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM