甲斐拓也の逆転満塁弾で福岡ソフトバンクが勝利! 先発・和田毅は5回1失点

2021.3.7(日) 16:27 パ・リーグ インサイト
3/7 ホークス対タイガース ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/7 ホークス対タイガース ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月7日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神のオープン戦は、4対3で福岡ソフトバンクが勝利し、連敗をストップした。

 福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手は初回、2死から3番・マルテ選手の本塁打を浴び、1点の先制を許す。しかし以降は、得点圏に走者を置く場面がありながらも冷静な投球で切り抜け、5回5安打1失点でマウンドを降りた。

 打線は2回裏、先頭の栗原陵矢選手から真砂勇介選手、佐藤直樹選手の3連打で無死満塁とすると、続く甲斐拓也選手の打球はホームランテラスへ。一気に4点を奪取し、逆転に成功した。6回表には、2番手の二保旭投手が陽川尚将選手に2ランを許し、1点差に詰め寄られる。しかしその後のピンチをしのいでリードを守り切り、試合は終盤へ向かった。

 1点リードで迎えた最終9回表は泉圭輔投手がマウンドに上がる。制球に苦しみ、2死1、2塁のピンチを迎えるも、最後は近本光司選手を打ち取って試合終了。福岡ソフトバンクが4対3で勝利を収めた。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発・和田毅投手が5回5安打6奪三振1失点の好投を披露。後を受けた2番手・二保旭投手は3回4安打3四球2失点とやや苦しむも、なんとか切り抜けた。打線は真砂勇介選手と栗原陵矢選手がマルチ安打を記録するなど、合計12安打をマークした。

  123456789 計
神 100002000 3
ソ 04000000X 4

神 ●チェン・ウェイン-ガンケル-エドワーズ-スアレス
ソ ○和田毅-二保旭-S泉圭輔

文・後藤万結子

関連リンク

3/7 ファイターズ対ジャイアンツ結果
3/7 マリーンズ対ライオンズ結果
3/7 ベイスターズ対バファローズ結果
3/7 ドラゴンズ対イーグルス結果

関連チーム記事/TEAM