サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

先発の高橋礼が2被弾で5回2失点。真砂勇介は2号ソロと好調を維持も、鷹が連敗

2021.3.6(土) 17:44 パ・リーグ インサイト
3/6 ホークス対タイガース ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/6 ホークス対タイガース ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月6日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神のオープン戦は、3対1で阪神が勝利した。福岡ソフトバンクは、2日連続の完封負けこそ阻止したものの、打線に元気がなく2連敗となった。

 福岡ソフトバンクの先発は高橋礼投手。初回、阪神の2番・佐藤輝明選手に安打を許すが、「9番・中堅手」で先発出場した佐藤直樹選手の好守などで後続を断つ。2回表には遊撃手の今宮健太選手も好プレーを連発するなど、野手陣が守備で盛り立てた。

 守備だけでなく打撃でも援護したい福岡ソフトバンク打線は初回、2回と2死から得点圏に走者を置くものの、あと一本が出ず無得点。3回裏にも安打と四球で無死1、2塁とするが、3番・中村晃選手、4番・長谷川勇也選手がそれぞれ遊飛、併殺打に倒れチャンスを逃す。

 その直後の4回表、ここまで好投を続けていた高橋礼投手が4番・大山悠輔選手、5番・サンズ選手に2者連続の本塁打を許し、阪神が2点を先制。続く打者にも連打を浴びたが、8番・梅野隆太郎選手を併殺打に打ち取り、追加点は許さなかった。最終的に、5回6安打2奪三振2失点で降板。80キロ台のスローカーブを投じるなど、持ち味の緩急を生かす投球内容だっただけに、4回表の被弾が悔やまれる結果となった。

 6回表には福岡ソフトバンクの2番手・川原弘之投手が登板。テンポよく2死を取ったが、そこから連打で追加点を献上した。打線は6回裏、真砂勇介選手に2号ソロが飛び出し、すぐさま1点を返したが、反撃はここまで。9回裏は昨季まで福岡ソフトバンクでプレーした加治屋蓮投手が試合を締め、試合終了。3対1で阪神が2連勝を飾った。

 勝利した阪神は、サンズ選手が2試合連続となる2号ソロを放つなど、打撃陣が11安打と好調を維持。一方敗れた福岡ソフトバンクは、本塁打で先制されるなど、完封負けを喫した5日と同じような試合展開に。6回裏に真砂選手の本塁打で一矢報いるも、好機で一本が出なかった。佐藤直選手、今宮選手に加え、8回表にも上林誠知選手が好守を見せるなど守備の良さは光った。

  123456789 計
神 000201000 3
ソ 000001000 1

神 ○青柳晃洋-伊藤将司-石井大智-S加治屋蓮
ソ ●高橋礼-川原弘之-奥村政稔-嘉弥真新也-森唯斗

文・吉村穂乃香

関連リンク

3/6 マリーンズ対ライオンズ結果
3/6 ベイスターズ対バファローズ結果
3/6 ドラゴンズ対イーグルス結果
3/6 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM