福岡ソフトバンクは武田翔太で5連勝へ。埼玉西武ノリンは2勝目を狙う

2020.9.11(金) 23:05 パ・リーグ インサイト
9/11 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
9/11 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月12日の18時からPayPayドームで福岡ソフトバンクと埼玉西武の第13回戦が行われる。11日の試合では、福岡ソフトバンクが盤石の投手リレーで1点のリードを守り切り勝利している。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→7勝5敗
埼玉西武→5勝7敗

【福岡ソフトバンク】武田翔太投手 2試合1勝0敗 11.2回 9奪三振、防御率2.31
【埼玉西武】ノリン投手 2試合1勝0敗 12回 16奪三振、防御率3.75

 福岡ソフトバンクの先発は武田翔太投手。前回登板となった9月5日の千葉ロッテ戦では強烈なライナーが直撃してしまうアクシデントもあり、5回途中2失点で悔しい降板となった。同試合では8本の安打を許し、本人も「投球のリズムが悪かった」とコメント。12日の試合では、テンポの良い投球で試合の流れを作りたい。

 対する埼玉西武はノリン投手をマウンドへ送る。前回登板となった9月5日の北海道日本ハム戦では勝利とはならなかったものの、6回10奪三振、2失点と力投を見せた。持ち味の力強い直球と、多彩な投球フォームで2勝目を狙いたい。

 打線では両チームの助っ人に注目したい。福岡ソフトバンク・デスパイネ選手は、11日の試合では勝ち越しの3号ソロ、さらにダメ押しの適時二塁打を放って勝利に貢献している。この試合でも、チームの勝利につながる一打に期待したい。

 一方、埼玉西武・メヒア選手も11日の試合で一時同点に追い付く9号2ランを含む2安打の活躍を見せた。しかしながら、試合終盤には守備で痛い失策もあり、悔しさも残った。自慢の打力で自身、そしてチームの両方に勢いをつけたいところだ。

文・吉田貴

関連リンク

9/11 イーグルス対ファイターズ結果
9/11 マリーンズ対バファローズ結果
9/11 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】9/11 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】9/11 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】9/11 バファローズ対カープ結果

関連チーム記事/TEAM