川島慶三モデルの新バットで満塁弾。福岡ソフトバンク・中村晃が探る長打力アップの道

Full-Count 福谷佑介

2018.4.2(月) 13:35

福岡ソフトバンク・中村晃選手
福岡ソフトバンク・中村晃選手

工藤監督もカギとする6番・中村晃選手「打点は意識してやります」

珍しく喜びを表に出して爆発させた。1日、ヤフオクドームで行われたオリックス戦。6回に逆転の満塁本塁打を放った福岡ソフトバンクの中村晃外野手は、左手を掲げて一塁ベースを回ると、表情を崩して会心の笑みを浮かべた。

ダイヤモンドを一周し、仲間とハイタッチを繰り返すと、再び笑顔が弾けた。普段はポーカーフェイスな“職人"タイプの中村晃選手には珍しい瞬間だった。

「満塁は打ったことがなかったので。初本塁打ですしね」と、試合後はいつもの調子で淡々と振り返った。2点を先行されて迎えた6回の攻撃。先頭の本多選手が右前安打で出塁し、内川選手も右前安打でつなぐ。デスパイネ選手が四球を選んで1死満塁。絶好の場面で打席が回ってきた。

「犠牲フライでいい。三振しないように、そういう意識でいきました」。初球はボール、2球目は見逃し、3球目がボール、4球目はファールにして迎えた5球目。

「甘いボールはなかなか来ない。それでも打たないといけない。ただ、その甘いボールを仕留められたのはよかったです」。オリックス先発の山岡投手が投じたストレート。インコースを目掛けて投げた球は真ん中付近に入った。

仕留めた打球は右翼スタンドへと一直線。大歓声に湧き上がるヤフオクドームの中心で、中村晃選手の表情が緩んだ。この打席の直前、ベンチを出るときに西田哲朗内野手から「ゆっくり振ってください。ゆっくりいけば大丈夫です」と助言があった。

「僕がたまたま聞いたんです。いい結果が出てなかったので。誰かの力を借りようかな、と。力むとどうしても早くなるので、ゆっくりいけば大丈夫と言われて、その通りやったらいい結果が出ました」

効果はてきめん。まさかの逆転グランドスラムとなったのだ。

今季は長打力アップを目論み、打撃スタイルに手を加えた。バットも、昨季途中に使った川島慶三選手のものをモデルにした。よりヘッドが効くようになり、打球に飛距離が出るように。

ただ、バットの変化とともに、これまでキャッチャー寄りにあったミートポイントもピッチャー寄りに変わった。まだ適応を進めている最中。「バットはこのままいくと思います。あとは自分の動き。フォームがもう少し良くなってくれば」と語る。

工藤公康監督は中村晃選手の座る6番、そして松田宣浩選手の7番を打線のキーポイントに挙げる。

「打点は稼げる打順だと思う。前の打者がいいだけに、打点は意識してやります。今日みたいに一気に返すことが出来ればチームの得点力も上がる。1つ1つ稼いでいければと思います」。中村晃選手が打てば、ホークス打線の脅威は増す。

記事提供:

Full-Count 福谷佑介

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE