杉本裕太郎が決勝打! 4投手で完封リレーのオリックスがシリーズ初勝利

パ・リーグ インサイト

2022.10.26(水) 22:09

オリックス・バファローズ・杉本裕太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・杉本裕太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月26日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと東京ヤクルトの「SMBC日本シリーズ2022」第4回戦は、1対0でオリックスが勝利した。

 オリックスは、山岡泰輔投手がシリーズ初先発に臨んだ。初回、自身の失策もあって無死1、2塁のピンチを背負ったが、相手打線のクリーンナップには仕事をさせず、無失点で切り抜ける。

 一方の打線は1回裏、「1番・中堅手」でスタメン起用された佐野皓大選手が二塁打で出塁。その後、2死満塁までチャンスを広げるも、杉本裕太郎選手が空振り三振に倒れ先制機を逃した。

 3回裏には2死2塁と得点圏に走者を置き、再び杉本選手がバッターボックスへ。変化球を捉えてレフトへと運ぶ先制打とし、「なんとか先制の1本になってくれてよかった」とコメントした。

 山岡投手は5回表、1死から塩見泰隆選手に三塁打を許したところで降板。このピンチでマウンドを託された宇田川優希投手が、2者連続三振と期待に応える好救援を見せ、リードを守った。回またぎでの登板となった6回表には1死1、3塁の窮地を招いたが、ここも連続三振で切り抜ける。

 7回表、8回表の2イニングは、山崎颯一郎投手が完全投球で抑え込む。1点差のまま迎えた9回表には、ワゲスパック投手がマウンドへ上がった。先頭の丸山和郁選手に二塁打を浴びるも、2三振で2死までこぎつける。最後は内山壮真選手を捕飛に打ち取り、1対0で試合終了。

 オリックスは、4投手が完封リレー。先発の山岡投手が4.1回を無失点にまとめたほか、救援陣も好投して逃げ切り勝利を挙げ、シリーズ戦績を1勝2敗1分とした。

  123456789 計
ヤ 000000000 0
オ 00100000X 1

ヤ ●石川雅規-木澤尚文-今野龍太
オ 山岡泰輔-○宇田川優希-山崎颯一郎-Sワゲスパック

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細
杉本裕太郎 選手名鑑
山本由伸が2年連続2度目の沢村栄治賞を受賞
26年ぶりの日本一へ。オリックスの“変化”と“上積み”に迫る
【遊撃手】好守備2022『オリックス・バファローズ・紅林弘太郎 編』

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE