【ファーム】三浦瑞樹が6回1失点の好投! 福岡ソフトバンクが5得点で快勝

パ・リーグ インサイト

2022.9.13(火) 20:53

福岡ソフトバンクホークス・三浦瑞樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・三浦瑞樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月13日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第21回戦は、5対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、佐藤直樹選手、ガルビス選手、リチャード選手の四球で1死満塁と先制のチャンスをつくると、野村大樹選手の内野ゴロの間に1点を先制。さらに2回裏にも2死から仲田慶介選手の二塁打で好機をつくり、佐藤選手の適時二塁打で2対0とリードを広げる。

 一方の先発・三浦瑞樹投手は初回に2死1、2塁とピンチを招くも、後続を空振り三振に仕留め、3回表までを無失点に抑える立ち上がりを披露。4回表に連打を浴び1点を失ったが、最少失点でピンチを切り抜ける。

 打線は4回裏に1死1,2塁から佐藤選手の2打席連続となる適時二塁打、ガルビス選手の犠飛で4対1とすると、なおも2死2塁から松田宣浩選手が適時打を放ち、早くも試合の主導権を握ることに成功。

 5点の援護を受けた三浦投手はその後も好投を続け、6回表を3者凡退に仕留めたところで降板。2番手として7回表のマウンドに上がったのは、大関友久投手。力強い速球を主体に広島打線を完璧に封じる好リリーフを披露した。

 8回表を3番手・田中正義投手が無失点でつなぐと、9回表は4番手・尾形崇斗投手が締め、5対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の三浦投手が6回5安打3奪三振1失点の好投で4勝目をマーク。また、大関投手がファーム復帰登板を1回無失点で飾った。打線では、佐藤選手が2安打2打点、仲田選手が2安打を記録した。

  123456789 計
広 000100000 1
ソ 11030000X 5

広 ●高橋昂也-藤井黎來-山口翔
ソ ○三浦瑞樹-大関友久-田中正義-尾形崇斗

文・村井幸太郎

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!

関連リンク

試合詳細/動画
三浦瑞樹 動画/成績
大関友久 動画/成績
佐藤直樹 選手名鑑
一軍の舞台を目指すルーキーの“今”

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE