【ファーム】投手陣が計11四死球と崩れ、福岡ソフトバンクが3試合連続の逆転負け

パ・リーグ インサイト

2022.9.1(木) 17:00

福岡ソフトバンクホークス・緒方理貢選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・緒方理貢選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月1日にタマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神のウエスタン・リーグ公式戦第22回戦は、6対9で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発・重田倫明投手は初回、糸井嘉男選手に先頭打者本塁打を浴びると、さらに2死満塁のピンチを招きリチャード選手の失策で2点目を失う。その裏、リチャード選手は2死2塁から自らのエラーを帳消しにする適時打を放つも、重田投手は2回表にも1点を失い、スコアは1対3となった。

 重田投手が3回表、4回表と無失点に抑えると、打線が4回裏に反撃。先頭から渡邉陸選手、黒瀬健太選手、水谷瞬選手の3連打で1点を返すと、なおも無死満塁として押し出し四球で同点。さらに1死満塁で迎えた緒方理貢選手がライトへ2点適時打を放ち、5対3と逆転に成功した。

 しかし勝利投手の権利が懸かる5回表、重田投手は1死2塁から打球がベースに当たる不運な適時内野安打で1点を失い、さらに1死1、3塁のピンチを招いたところで降板。2番手の中道佑哉投手は同点の犠飛を許し、試合は再び振り出しに戻った。

 6回表は中道投手が続投するも、2死から安打と四球で1、2塁とし、熊谷敬宥選手、藤田健斗選手に連続適時打を浴び、勝ち越しを許す。7回表には岡本直也投手が1点を失い5対8とされた。8回裏は笹川吉康選手が4号ソロを放ち2点差に迫るも、9回裏は二保旭投手の前に3者凡退に終わり、試合終了。

 敗れた福岡ソフトバンクは、中盤に逆転するもリードを守れず、3試合連続の逆転負け。投手陣は計11四死球と制球に苦しんだ。打線では、緒方選手が3安打2打点の活躍。一方、今日から実戦復帰した柳田悠岐選手は「1番・DH」で先発出場するも、5打数無安打4三振と振るわなかった。

  123456789 計
神 210022101 9
ソ 100400010 6

神 佐藤蓮-○岡留英貴-渡邉雄大-尾仲祐哉-加治屋蓮-S二保旭
ソ 重田倫明-●中道佑哉-岡本直也-フェリックス-中村亮太-秋吉亮

文・波多野瞭平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
緒方理貢 選手名鑑
柳田悠岐の成績をチェック
初音ミクとパ・リーグ6球団が今年もコラボ!
杉谷拳士の猛アピールの結末は…動画再生数ランキング

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE