與座海人が7安打無四死球でプロ初完投・初完封! 11安打6得点で埼玉西武が連勝

パ・リーグ インサイト

2022.7.30(土) 17:24

埼玉西武ライオンズ・與座海人投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・與座海人投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月30日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第13回戦は、6対0で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、1死1、3塁から、山川穂高選手と呉念庭選手の連続適時打で2点を先制。2回表には2死1、3塁から源田壮亮選手の2点適時二塁打でリードを広げると、4回表にも森友哉選手の適時二塁打と山川選手の今日2本目の適時打でリードを6点とし、試合を優位に進める。

 先発の與座海人投手は初回、連打で1死1、3塁のピンチを迎えるが、4番・デスパイネ選手を併殺打に打ち取り、無失点で立ち上がる。2回以降もテンポのいい投球を見せ、5回裏に2死1、2塁と初回以来の得点圏の走者を置くも、ここも無失点で切り抜けた。
 
 與座投手は6回以降も安定した投球で鷹打線を抑え、9回を投げ切り試合終了。勝利した埼玉西武は、與座投手が9回7安打無四死球5奪三振でプロ初の完封勝利を記録。打線は山川選手と源田選手が2安打2打点、呉選手と森選手が適時打を放つなど、11安打6安打で快勝した。

 一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の大関友久投手が、2.1回6安打3四球1奪三振4失点と乱調。打線も散発7安打無得点に抑えられ、4連敗を喫した。

  123456789 計
西 220200000 6
ソ 000000000 0

西 ○與座海人
ソ ●大関友久-泉圭輔-松本裕樹-嘉弥真新也-津森宥紀-藤井皓哉-甲斐野央

文・成田理亮

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
與座海人 動画/成績
山川穂高 選手名鑑
【あぶなーい!!】外崎選手、大丈夫ですかっっっ!!! (…パテレ行き)
珍・エンタイトルツーベース。愛斗の打球がホームランテラスの網をすり抜ける

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE