石川柊太が9回1安打8奪三振で今季初完封! 福岡ソフトバンクが2連勝

パ・リーグ インサイト

2022.7.3(日) 15:38

福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月3日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第11回戦は、3対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、周東佑京選手が3号ソロを放ち、幸先よく先制に成功する。さらに周東選手は3回表、2死2塁の場面でも適時打を放ち、2打席連続で打点を挙げた。続く牧原大成選手にも適時打が生まれ、3点のリードを得る。

 先発の石川柊太投手は2回裏こそ2四球で走者を出したものの、前半5回を無安打無失点に抑える素晴らしいピッチングを披露。後半も7回裏に森友哉選手に安打を許したが、無失点ピッチングを継続する。最終回もマウンドに上がり、最後は山川穂高選手を空振り三振に切って試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、石川投手が9回118球1安打3四球8奪三振無失点と好投。惜しくもノーヒットノーラン達成は逃したが、最終回まで完璧な投球で相手打線を封じ込め、2020年以来自身2年ぶりの完封勝利を挙げた。打線では周東選手が本塁打を含む2安打2打点の活躍を見せている。

 一方敗れた埼玉西武は、先発の與座海人投手が6回5安打1本塁打無四死球3失点の内容。打線は1安打無得点と沈黙した。

  123456789 計
ソ 102000000 3
西 000000000 0

ソ ○石川柊太
西 ​​●與座海人-森脇亮介-佐々木健-宮川哲

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
石川柊太の動画/成績をチェック
【動画】周東佑京 ポール際に目の覚めるような一発
【動画】牧原大成 高めの釣り球を逆方向にタイムリー
【動画】周東佑京 スライディングキャッチからの流れるような送球

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE