【ファーム】山本大斗のサヨナラ弾で3連勝。石川歩が復帰登板も、二木康太が負傷降板

パ・リーグ インサイト

2022.6.30(木) 16:23

千葉ロッテマリーンズ・山本大斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・山本大斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月30日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦、第8回戦は3対2で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテ先発の二木康太投手は、3回表に連打と自身の野選で1死満塁のピンチを招き、押し出し四球で先制点を献上。以降は5回までを無失点に抑えたが、6回表に1死から田宮裕涼選手の打球が左足に直撃して降板することに。5.1回91球5安打1四球4奪三振1失点の内容だった。

 打線は3回裏、2四球と岡大海選手の二塁打で2死満塁から、山口航輝選手が押し出し四球を選び、試合を振り出しに戻す。6回裏には、小川龍成選手、福田秀平選手の連打で1死2、3塁から、平沢大河選手の内野ゴロの間に1点を勝ち越した。

 しかし7回表、この回から登板した石川歩投手が片岡奨人選手に6号ソロを浴び、同点に追い付かれる。以降は走者を背負いながらも得点を許さず、3イニングを2安打1四球1奪三振1失点にまとめた。

 打線は7回裏、8回裏と無得点に終わり、9回裏も2死走者なしとされたが、ここで途中出場の山本大斗選手が2号ソロを放ち、3対2で試合終了。千葉ロッテが同一カード3連勝を飾った。腰痛で戦列を離れていた石川投手は復帰登板を果たした。

 敗れた北海道日本ハムは、先発の達孝太投手が3回1安打3四球5奪三振1失点、2番手の立野和明投手が3回3安打1四球1失点の内容。打線は、渡邉諒選手、片岡奨人選手、樋口龍之介選手が2安打を放つなど計7安打で2得点を挙げたが、9回裏に望月大希投手が痛恨の一発を浴びた。

  123456789  計
日 001000100  2
ロ 001001001X 3

日 達孝太-立野和明-井口和朋-北浦竜次-●望月大希
ロ 二木康太-成田翔-○石川歩

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】劇的な勝利!山本大斗がサヨナラホームランを放つ
【動画】「秘打・ワンバンコツン」平沢大河のレアな一打で勝ち越し点
【動画】西巻賢二 見事なダイビングキャッチで出塁を許さない
【動画】片岡奨人 同点のソロホームラン

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE