【ファーム】笠谷俊介が3者連続三振の好救援! リチャードも打点王に浮上の鷹が勝利

パ・リーグ インサイト

2022.6.28(火) 21:53

福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月28日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神のウエスタン・リーグ公式戦第12回戦は5対4で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは、育成の重田倫明投手が今季初先発に臨んだ。初回を無失点で終えると、2回表には先頭打者に二塁打を浴びてピンチを背負いながらも、落ち着いて後続を断つ。2回を投げて28球2安打1奪三振にまとめ、支配下登録へアピールした。

 2番手として登板したのは、ドラフト3位ルーキーの木村大成投手。3回表は2三振を奪う好投を見せたが、4回表に2死から3者連続適時打を許し、3点を失う。しかし直後の4回裏、打線が2死1、2塁から中谷将大選手の2点適時打ですぐさま反撃すると、相手投手の暴投で同点に追い付いた。

 5回裏1死満塁のチャンスで無得点に終わった福岡ソフトバンクだったが、6回裏に再び安打で走者を出すと、リチャード選手の適時二塁打で勝ち越しに成功。さらに石塚綜一郎選手もレフトへタイムリーを放ち、2点のリードを奪った。

 8回表にマウンドへ上がった中村亮太投手は、1死1、2塁から適時二塁打で1点を返される。なおも1死2、3塁とピンチが続いたが、笹川吉康選手が右飛を捕球後に素早い返球でタッチアップを阻止。併殺で窮地を切り抜けた。1点リードのまま迎えた9回表は尾形崇斗投手が無失点で締め、5対4で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、4番手で登板した笠谷俊介投手が今季初勝利。3者連続三振で打線の援護を呼び込んだ。また、6回裏に勝ち越し打を放ったリチャード選手は、31打点を挙げてリーグ単独トップへと浮上している。

  123456789 計
神 000300010 4
ソ 00030200X 5

神 才木浩人-川原陸-牧丈一郎-●岡留英貴-小林慶祐-尾仲祐哉
ソ 重田倫明-木村大成-高橋純平-○笠谷俊介-森唯斗-中村亮太-尾形崇斗

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】中谷将大のタイムリーヒットで1点を返す
【動画】笠谷俊介 3者連続三振を奪う
【動画】リチャード 23打席ぶりのヒットはタイムリー
【動画】森唯斗 三振を奪うなど一軍復帰に向けて順調な仕上がり

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE