サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

【ファーム】種市篤暉が5回1失点の粘投! 救援陣も無失点リレーで千葉ロッテが勝利 

2022.6.19(日) 16:29 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・種市篤暉投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・種市篤暉投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月19日、柏の葉公園野球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第10回戦は、3対1で千葉ロッテが勝利。連勝を「4」に伸ばした。

 千葉ロッテは初回、1番・山本大斗選手の安打を皮切りに3連打で無死満塁の好機をつくると、4番・茶谷健太選手が犠飛を放ち、先制に成功。なおも、1死1、3塁からは5番・菅野剛士選手の内野ゴロで追加点を挙げる。

 先発・種市篤暉投手は、連打などから招いた2死2、3塁のピンチを抑える立ち上がり。援護を受けた2回以降も毎回走者を許しながら、要所を締める粘りの投球を見せる。5回表には無死1、3塁から元山飛優選手の犠飛で1点を失うが、後続を切り抜けてこの回限りでマウンドを降りた。

 6回表からは秋山正雲投手が登板し、2イニングを完璧に抑え込む好リリーフを披露。すると打線は直後の7回裏、連打などで1死満塁の好機を迎えると、7番・サントス選手が押し出し四球を選び、初回以来となる追加点を奪った。

 リードを広げた8回表は廣畑敦也投手がマウンドへ。先頭の二塁打と四球から無死1、2塁のピンチを背負うも、柿沼友哉選手のけん制など味方による好守備にも助けられ、この回を無失点でしのぐ。2点リードで迎えた9回表は山本大貴投手が無失点で締めて、3対1で試合終了。
 
 千葉ロッテは今季初となる柏の葉公園野球場での試合を白星で飾った。先発した種市投手は5回85球5安打2四球3奪三振1失点で今季2勝目。2番手で登板した地元千葉出身の秋山投手は2回無安打2奪三振の投球を見せた。打線では、4番に座った茶谷選手が先制の犠飛を放ち、3試合連続となる打点をマークした。

  123456789 計
ヤ 000010000 1
ロ 20000010X 3

ヤ ●星知弥-嘉手苅浩太-宮台康平-鈴木裕太-杉山晃基-小澤怜史
ロ ○種市篤暉-秋山正雲-廣畑敦也-S山本大貴

文・和田信

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】種市篤暉 立ち上がりのピンチを三振で切り抜ける!
【動画】柿沼友哉 ストライク送球で盗塁阻止!
【動画】秋山正雲 2回をパーフェクトリリーフ!
ファーム注目シーンを動画でチェック!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM