藤本博史監督もびっくり「まさか」 周東佑京が「人生初」サヨナラ弾で首位奪還

2022.6.18(土) 18:09 Full-Count 福谷佑介
福岡ソフトバンク・周東佑京※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)
福岡ソフトバンク・周東佑京※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)

「誰も予想してなかったと思うし、自分自身が1番予想してなかった」

■福岡ソフトバンク 3対1 東北楽天(18日・PayPayドーム)

 福岡ソフトバンクは18日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦に3対1で延長サヨナラ勝ちした。同点で迎えた延長10回に、周東佑京内野手が人生初というサヨナラ2ラン。藤本博史監督も「まさか」と驚く劇的な幕切れで首位攻防戦2連勝を飾り、首位の座を奪還した。

 延長10回。先頭の三森が左前安打を放って出塁。続く中村晃がバントを失敗し、1死一塁で打席に入った。打席に入る直前、長谷川勇也打撃コーチから「焦るな」と助言を受けていた周東は2ボール2ストライクからの6球目、抜けた内角高めの真っ直ぐを捉えた。

 快音を響かせた打球は右翼スタンドへ飛び込むサヨナラ2ラン。劇的な幕切れに本拠地は大興奮に包まれた。試合後の藤本監督も驚きを隠せず。「まさか周東があそこでホームランを打ってくれるとは思ってなかった。本当、よく打ってくれました」と手放しで称賛した。

 打った周東自身も「人生初です。ヒットも。チャンスに弱かった人生なんで。誰も予想してなかったと思うし、自分自身が1番予想してなかった。ビックリというか。でも、初めてこういう試合を最後に決めれると言うのは嬉しいなと思います」と表情を綻ばせた。3日に第1子の長男が誕生したばかりの“新米パパ”が子供に格好いいところを見せた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM