【ファーム】西巻賢二がサヨナラタイムリー! 千葉ロッテが延長戦の末に勝利

2022.6.16(木) 16:48 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月16日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は、5対4で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは初回、藤原恭大選手の二塁打と岡大海選手の安打で無死1、3塁のチャンスをつくると、続く山口航輝選手がライト前へ適時打を放ち、3連打で先制。さらに井上晴哉選手のセカンドゴロの間に1点を挙げ、初回に2点を奪う。3回裏には暴投で1点を加え、リードを3点に広げた。

 先発は土肥星也投手は3回まで1人のランナーも許さない投球。しかし4回表、2連打を浴びピンチになると、長谷川信哉選手に3ランを浴び同点に追い付かれる。5回表には2死満塁としたが、呉念庭選手をセカンドゴロに打ち取り、得点を許さず。土肥投手は粘りのピッチングで7回5安打2四球4奪三振3失点に抑えた。

 打線は7回裏、1死から代打・平沢大河選手が二塁打を放つと、続く岡選手のセンターへの適時打で貴重な勝ち越し点を手にする。8回表にはオスナ投手が登板。先頭の長谷川選手には安打を許すも、そこから圧巻の3者連続三振を奪った。しかし勝利目前の9回表、山本大貴投手が先頭の山田遥楓選手に本塁打を浴び、同点とされてしまう。

 10回表は佐々木千隼投手が走者を出しながらも後続を断ち、無失点で抑える。すると10回裏、1死から安田尚憲選手が左中間を深々と破る二塁打を放ち、チャンスの打席には西巻賢二選手。3球目を完璧に捉え、これがライトオーバーのサヨナラ適時二塁打となって千葉ロッテが延長戦を制した。

 勝利した千葉ロッテは、土肥投手が7回3失点の好投。打っては岡選手、山口選手、安田選手がそれぞれ2安打を放ち、最後は西巻選手が試合を決めた。一方敗れた埼玉西武は、先発・赤上優人投手が6回6安打3失点。打線は長谷川選手が一時同点の3ラン含む3安打2盗塁の大活躍も、好機にあと一本が出ず。本塁打での得点のみに終わった。

  12345678910  計
西 0003000010  4
ロ 2010001001X 5

西 赤上優人-田村伊知郎‐●佐野泰雄
ロ 土肥星也-オスナ-山本大貴‐○佐々木千隼

文・山岡雄一郎

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】西巻賢二、試合を決めるサヨナラタイムリー!
【動画】新加入・オスナが圧巻の3者連続三振
【動画】長谷川信哉が試合を振り出しに戻す同点3ラン!
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM