好機を生かしきれずオリックスが延長戦の末に敗戦。山本由伸は8回2失点の好投

2022.6.11(土) 22:32 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月11日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、2対3でオリックスが敗戦。

 オリックスは1回裏、先頭の福田周平選手が相手失策で出塁すると、3番・中川圭太選手の適時打で先制する。5回裏には9番・佐野皓大選手の二塁打が生まれ1死3塁とし、2番・宗佑磨選手の適時打で1点を追加。2点のリードを持って試合を折り返した。

 先発・山本由伸投手は得点圏に走者を背負う場面がありながらも、7回まで無失点の投球を続ける。しかし8回表に2死から内野安打で出塁を許し、佐藤輝明選手の適時三塁打で1失点。なおも3塁から、バッテリーミスで同点とされてしまう。

 試合が振り出しに戻った8回裏は先頭の杉本裕太郎選手が出塁するも、後続倒れ得点できず。続く9回表は平野佳寿投手がつなぎ、9回裏は野口智哉選手の内野安打と犠打で2死2塁とチャンスをつくったが、福田選手は中飛に打ち取られ、試合は延長戦へ突入した。

 10回表は近藤大亮投手が無失点に抑え、11回表は本田仁海投手が登板。しかし先頭に安打を許すと、1死から盗塁阻止を狙った伏見寅威選手の送球が走者に当たり、外野へ転がる。これで走者が一気に生還し、1点を勝ち越されてしまった。

 1点ビハインドとなった11回裏は、1死から代打・吉田正尚選手に安打が生まれる。さらに佐野皓大選手もつないで1、3塁としたが、後が続かず試合終了。

 敗れたオリックスは、山本投手が8回7安打8奪三振2失点(自責点1)。7回まで無失点の好投も、8回に同点とされ7勝目はお預けとなった。打線は15安打もチャンスを生かしきれず2得点のみ。守備のミスもあり、延長戦の末に逆転負けを喫した。

  1234567891011 計
神 00000002001 3
オ 10001000000 2

神 伊藤将司-加治屋蓮-渡邉雄大-石井大智-アルカンタラ-○岩貞祐太-S岩崎優
オ 山本由伸-平野佳寿-近藤大亮-●本田仁海-阿部翔太

文・丹羽海凪

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】中川圭太 センター前への先制タイムリー!
【動画】宗佑磨のタイムリーで追加点!
【動画】山本由伸 ピンチを迎えるも無失点
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!キャンペーン実施中!

関連チーム記事/TEAM