山崎福也が5回5失点(自責点1)でオリックスが敗戦。福田周平、野口智哉は2安打

2022.6.10(金) 21:37 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月10日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、1対6でオリックスが敗れた。

 オリックス先発の山崎福也投手は初回、2死からピンチを招くと、5番・大山悠輔選手に適時二塁打を浴び、1点を失う。打線は1回裏に先頭の福田周平選手が安打で出塁したものの、得点にはつながらず。その後も相手先発・青柳晃洋投手の前に沈黙する。

 山崎福投手は、2回以降は走者を許しながらも無失点でしのいでいたが、5回表に味方の失策が続き追加点を許す。なおも2死1、3塁の場面では、大山選手に14号3ランを浴び、スコアは0対5に。

 2番手・張奕投手も1失点し、6点ビハインドとなった6回以降も打線は目覚めず。7回まで登板の青柳投手には、わずか2安打に封じ込まれた。しかし8回裏には、2番手・ケラー投手を攻め1死1、3塁と好機をつくる。打席の宗佑磨選手は、守備のミスを取り返さんばかりの気迫の適時打で1点を返した。

 なおも2死1、2塁の好機で代打・吉田正尚選手を送ったが、内野ゴロに倒れて反撃はここまで。張奕投手は3.2回2安打3四球2奪三振1失点と粘りのリリーフを見せたが、打線に活気なく1対6で敗戦。福田選手、野口智哉選手がマルチ安打を記録している。

  123456789 計
神 100041000 6
オ 000000010 1

神 ○青柳晃洋-ケラー-岩貞祐太-藤浪晋太郎
オ ●山崎福也-張奕-比嘉幹貴

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】野口智哉 頭を越えそうな大きな当たりをナイスキャッチ!
【動画】山崎福也 ピッチャーライナーをナイスキャッチ
【動画】宗佑磨 ランニングスローで好守
野口智哉も登場!「パ・リーグ Exciting Moments β」

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM