松本剛が先頭打者弾を含む3安打2打点と活躍するも、北海道日本ハムがサヨナラ負け

2022.5.25(水) 21:36 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・松本剛選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・松本剛選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月25日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、6対7で北海道日本ハムが惜敗した。

 北海道日本ハムは初回、松本剛選手の先頭打者本塁打で1点を先制する。さらに4回表、3番・清宮幸太郎選手、4番・野村佑希選手の2者連続二塁打で無死2、3塁のチャンスをつくると、5番・万波中正選手がレフトへ犠飛を放ち、1点を追加。5回表には、8番・上原健太投手の二塁打と9番・上川畑大悟選手の安打で得た無死1、3塁の好機から、松本剛選手に犠飛が生まれ、リードを3点に広げた。

 先発の上原投手は、立ち上がりから安定感のある投球を披露。ところが5回裏、2者連続四球を与えるなど、1死1、3塁のピンチを背負ったところで降板。後を託された吉田輝星投手は、このピンチを無失点で抑えた。

 3イニング目の吉田投手は7回裏、5番・オスナ選手、7番・内山壮真選手の安打などで無死満塁とされる。この場面で登板した宮西尚生投手は、8番・長岡秀樹選手に適時打、代打・濱田太貴選手には2点適時二塁打を浴び、スコアは3対3に。

 同点とされた直後の8回表、4番・野村佑希選手の安打などで1死2、3塁とすると、7番・宇佐見真吾選手がセンター前へ適時打を運び、勝ち越しに成功。しかし8回裏、堀瑞輝投手が2死3塁から6番・青木宣親選手に適時打を許し、試合は再び振り出しに戻った。

 4対4で迎えた9回表は、1死から松本剛選手がライト線への二塁打で出塁。続く今川優馬選手が安打でつなぐと、清宮選手、野村選手に連続適時打が生まれ、2点のリードを得る。ところが9回裏、北山亘基投手が無死2、3塁から2番・山崎晃大朗選手に被弾し、7対6で試合終了。

 北海道日本ハムは、今季から二刀流に挑戦の上原投手が4.1回3安打2四球2奪三振無失点、打っては第2打席に左中間への二塁打をマーク。打線では、松本剛選手が3安打1本塁打2打点、野村選手は4安打1打点1盗塁と躍動したものの、北山投手が痛恨の一発を浴び、サヨナラ負けを喫した。

  123456789  計
日 100110012  6
ヤ 000000313X 7

日 上原健太-吉田輝星-宮西尚生-堀瑞輝-●北山亘基
ヤ スアレス-坂本光士郎-○大西広樹

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細はこちら
上原健太の選手名鑑
3安打2打点の活躍!松本剛をチェック
野村佑希の動画はこちら
清宮幸太郎の動画/成績/記事

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM