【ファーム】9回表に小郷裕哉が起死回生の3ラン! 東北楽天が千葉ロッテに逆転勝利

2022.5.15(日) 16:40 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・小郷裕哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・小郷裕哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月15日、市原市・ゼットエーボールパークで行われた千葉ロッテと東北楽天のイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は、10対8で東北楽天が逆転勝利を収めた。

 東北楽天の先発は鈴木翔天投手。3回裏、無死1、2塁から1番・西巻賢二選手、2番・角中勝也選手に連続適時打を浴びると、1死満塁から2つの押し出し四球を与え、この回4失点。2死満塁の場面で登板した内間拓馬投手は、8番・江村直也選手を空振り三振に仕留め、このピンチを脱した。

 内間投手は4回裏、角中選手に適時三塁打、山本大斗選手、吉田裕太選手にそれぞれ適時二塁打を浴び、3点を失うも、打線が反撃開始。5回表に2死2塁から1番・渡邊佳明選手の適時打で1点を返すと、6回表には5番・マーキ選手に1号2ラン、6番・和田恋選手に2号ソロが生まれ、スコアを4対7とした。

 直後の6回裏は、4番手・福井優也投手が1点を失い、点差は4点に。しかし7回表、2死1、2塁から入江大樹選手の適時打で1点を挙げると、8回表には吉野創士選手の適時打で2点差に迫る。

 6対8で迎えた9回表は、2死1、2塁から小郷裕哉選手が右翼席へ3ランを運び、逆転に成功。さらに、2死1、3塁の好機で吉野選手が適時二塁打を放ち、2点のリードを得た。

 9回裏は、6番手・宮森智志投手が無失点で締め、10対8で試合終了。東北楽天は、鈴木翔天投手が2.2回5安打3四球7奪三振4失点と振るわなかったものの、打線が奮起。9回表の土壇場で小郷選手に起死回生の逆転3ランが生まれ、見事勝利を飾った。

 一方敗戦した千葉ロッテは、先発の森遼大朗投手が5.2回11安打2奪三振4失点。打線では吉田選手が3安打2打点、この日実戦復帰した角中選手は2安打2打点の活躍を見せたものの、2点リードの9回表に横山陸人投手が手痛い一発を浴びた。

  123456789 計
楽 000013114 10
ロ 004301000 8

楽 鈴木翔天-内間拓馬-西口直人-福井優也-○津留崎大成-S宮森智志
ロ 森遼大朗-東妻勇輔-国吉佑樹-中村稔弥-●横山陸人

文・高橋優奈

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】マーキ、和田恋の2者連続弾
【動画】入江大樹の適時打で3点差に詰め寄る
【動画】小郷裕哉が起死回生の逆転3ランを放つ!
【動画】途中出場の吉野創士が猛打賞の活躍

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM