滝澤夏央が値千金の同点タイムリースリーベース! 終盤に逆転した埼玉西武が連勝

2022.5.14(土) 17:16 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・滝澤夏央選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・滝澤夏央選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月14日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東北楽天の第7回戦は、5対4で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は佐藤隼輔投手。1回表は、東北楽天打線を3者凡退に抑える立ち上がりを見せる。しかし2回表に、制球に苦しみ1死1、2塁のピンチを招くと、辰己涼介選手に適時打を許して先制点を与えた。

 打線は2回裏、先頭の5番・中村剛也選手が2試合連続となる4号ソロを放ち、すぐさま同点に。しかし、佐藤投手は3回表に島内宏明選手の適時二塁打を浴びて勝ち越される。さらに5回表、マルモレホス選手の適時二塁打、茂木栄五郎選手の適時打を許し、5回114球5安打6四死球4奪三振4失点の内容でマウンドを後にした。

 打線は相手先発・早川隆久投手の前に、走者を出しながらもあと一本が生まれなかったが、7回裏に東北楽天が継投策に出ると打線がつながる。1死から、栗山巧選手と愛斗選手の連打でチャンスを演出。2死1、3塁から川越誠司選手が適時打を放ち1点を返すと、続く滝澤夏央選手が2点適時三塁打を放ち同点に。さらに相手バッテリーのミスで滝澤選手が生還し、5対4と試合をひっくり返した。

 逆転に成功した埼玉西武は、8回表から平良海馬投手が登板する。8番からの攻撃を3者凡退に打ち取り、流れを渡さない。最終回は、増田達至投手が無失点で締めて試合終了。
 
 勝利した埼玉西武は、平井克典投手、森脇亮介投手の継投で流れをつくると、7回裏の集中打で一気に逆転。滝澤選手のプロ初打点を記録する活躍で勝利を手繰り寄せた。一方敗れた東北楽天は、先発した早川投手が6回1失点の好投を見せたが、リリーフ陣がリードを守り切れず4連敗となった。

  123456789 計
楽 011020000 4
西 01000040X 5

楽 早川隆久-ブセニッツ-●安樂智大-宋家豪
西 佐藤隼輔-平井克典-○森脇亮介-平良海馬-S増田達至

文・木村圭

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】中村剛也 2試合連続となるホームラン
【動画】バットを折られながらも…川越誠司のタイムリー!
【動画】滝澤夏央 デビューから2戦連続安打!
【動画】滝澤夏央 プロ初打点となる同点タイムリースリーベース!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM