山川穂高がリーグ最速10号となる逆転2ラン! 佐藤隼輔は本拠地初白星をマーク

2022.5.3(火) 16:15 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月3日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第6回戦は、4対2で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は佐藤隼輔投手。初回は走者を背負いながら無失点で切り抜けると、続く2回表は3者凡退に抑え込む。しかし3回表、先頭のエチェバリア選手の安打などから2死3塁のピンチを招くと、佐藤都志也選手の適時打で先制点を奪われてしまう。

 追いかける形となった打線は直後の3回裏、1死から3番・外崎修汰選手が安打で出塁すると、続く4番・山川穂高選手がレフトポール際に飛び込む10号2ランを放ち、逆転に成功。さらに2死2塁からは山田遥楓選手に適時打が生まれ、リードを2点に広げる。

 打線の援護を受けた佐藤投手は4回表に適時打を浴びて1点を失うも、5回以降は緩急を生かした投球で千葉ロッテ打線を翻弄。6回表を投げ終えたところでマウンドを降りた。

 継投に入った埼玉西武は7回表、2番手・本田圭佑投手が二塁打と四球で招いた2死1、2塁のピンチを無失点に抑えると、8回表は平良海馬投手がマウンドへ。安打を許しながらも2三振を奪う好リリーフを見せる。8回裏に1点を追加して迎えた最終9回表は、守護神・増田達至投手が締めて、4対2で試合終了。

 勝利した埼玉西武は先発の佐藤投手が6回91球6安打2四球4奪三振2失点(自責1)の好投で本拠地初白星をマーク。打線では外崎選手が3安打、山川選手はリーグ最速10号到達となる逆転弾を放つ活躍を見せた。

 一方、敗れた千葉ロッテは先発の小島和哉投手が6回3失点(自責2)と試合をつくるも、逆転を許してからは打線が好機を生かすことができず。チームは2連敗となった。

  123456789 計
ロ 001100000 2
西 00300001X 4

ロ ●小島和哉-小野郁-田中靖洋
西 ○佐藤隼輔-本田圭佑-平良海馬-S増田達至

文・和田信

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】本塁打を打った試合は8戦8勝! 山川穂高のリーグ最速10号逆転2ラン!
【動画】本日昇格の高木渉 先発の佐藤隼輔を救うビッグプレー!
【動画】山田遥楓 貴重な追加点をもたらすタイムリーヒット!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM