【ファーム】石川亮が決勝タイムリーを含む3安打! 北海道日本ハムが逆転勝ち

2022.4.23(土) 16:52 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・石川亮選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・石川亮選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月23日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた、東北楽天対北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦第5回戦は、5対4で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は池田隆英投手。1回裏、先頭の武藤敦貴選手に1号ソロを許すと、2死から4番・岡島豪郎選手にも1号ソロを浴びていきなり2点を先制される。しかし打線も3回表、先頭の佐藤龍世選手に2号ソロが飛び出し1点差とする。

 5回裏には安田悠馬選手の2号2ランで点差を3点に広げられるも、直後の6回表に1死2、3塁とチャンスをつくり、速水隆成選手の犠飛で再び2点差に。7回表には、1死1、3塁から高濱祐仁選手の適時打が生まれると、なおも2死満塁として石川亮選手の2点適時打で逆転に成功した。

 6回から継投に入った投手陣は、柿木蓮投手、ロドリゲス投手、谷川昌希投手と1イニングずつをつなぎ、9回裏は福田俊投手が無失点に抑え試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の池田投手が5回8安打2四死球3奪三振4失点の内容。2番手で登板した柿木蓮投手が今季初勝利を挙げた。打撃陣では石川亮選手が決勝点となる2点適時打を含む3安打2打点の活躍。佐藤選手、樋口龍之介選手がマルチ安打を記録した。

 一方敗れた東北楽天は先発の王彦程投手が、6回まで5安打3四死球5奪三振2失点と力投を見せていたものの、7回につかまり負け投手に。打線は武藤選手、岡島選手、安田選手で3本塁打を記録したが、相手リリーフ陣を攻略できなかった。

  123456789 計
日 001001300 5
楽 200020000 4

日 池田隆英-○柿木蓮-ロドリゲス-谷川昌希-S福田俊
楽 ●王彦程-寺岡寛治-小峯新陸-釜田佳直

文・成田理亮

関連リンク

【動画】石川亮 逆転の2点タイムリー!
【動画】高濱祐仁のタイムリーで1点差!
【動画】佐藤龍世 持ち前のパワーでホームラン
【ウィークリーファーム2022 #5】二軍の注目シーンをお届け!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM