高橋光成が今季初勝利&オグレディが2安打2打点! 中盤に逆転した埼玉西武が連勝

2022.4.15(金) 21:08 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月15日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第4回戦は、6対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は高橋光成投手。初回、連打でいきなり無死1、2塁のピンチを迎えたが、主軸を打ち取り、無失点で切り抜ける。2回裏も1、2塁とするも、後続を断ちここも無失点。しかし4回裏、2死3塁から紅林弘太郎選手の適時三塁打で先制を許す。

 反撃したい打線は直後の5回表、無死2、3塁のチャンスを迎える。ここで牧野翔矢選手の適時打と相手チームの失策、そしてオグレディ選手の適時二塁打でこの回一挙4点を奪い、逆転に成功した。

 リードを奪った埼玉西武は、先発の高橋光成投手が6回裏まで投げ切り、7回裏は水上由伸投手が3者凡退に抑える。8回表には、外崎修汰選手の適時二塁打で2点を追加し、リードを5点とした。投手陣がこのリードを守り切り、6対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発の高橋光成投手が6回5安打3四死球5奪三振1失点の力投で今季初勝利。中継ぎ陣は走者を1人も許さない完璧な投球を見せた。打線はオグレディ選手が2本の二塁打を放つなど、中盤以降つながり6得点。連勝を飾った。

 一方敗れたオリックスは、先発の山崎福也投手が7.1回6安打2四球5奪三振6失点(自責点4)の内容で今季2敗目を喫した。打線も相手投手陣の前に1得点に終わり、投打に精彩を欠いた。

  123456789 計
西 000040020 6
オ 000100000 1

西 ○高橋光成-水上由伸-宮川哲-平井克典
オ ●山崎福也-張奕-バルガス

文・成田理亮

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】高橋光成 6回1失点の安定したピッチング
【動画】牧野翔矢 同点タイムリー!
【動画】オグレディが2点タイムリーツーベースを放つ!
【動画】山田遥楓 ファインプレーでヒットを許さない!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM