佐々木朗希が完全試合達成。プロ野球新記録の13者連続奪三振など球史に名を残す

2022.4.10(日) 16:49 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第3回戦は、6対0で千葉ロッテが勝利した。先発の佐々木朗希投手は9回打者27人に対し、無安打無四死球19奪三振無失点の快投で2勝目。パ・リーグでは1978年の今井雄太郎氏以来、プロ野球史上16人目となる完全試合の快挙を達成した。

 千葉ロッテの先発・佐々木朗希投手は初回、3番・吉田正尚選手から3球三振を奪うと、ここからプロ野球新記録となる13者連続奪三振をマーク。後半になっても快投は止まらず、8回まで一人の走者も許さないパーフェクトピッチングを続けた。

 打線は初回、先頭の高部瑛斗選手、藤原恭大選手の連打などで1死2、3塁とすると、レアード選手の内野ゴロの間に1点を先制。6回裏には、1死から中村奨吾選手が死球で出塁すると、続くレアード選手の二塁打に敵失策が絡み追加点。さらに佐藤都志也選手の安打で2死1、3塁とすると、エチェバリア選手の適時打で3対0。なおも四球などで2死満塁の好機で、松川虎生選手の適時二塁打で3点を追加。この回一挙5点を奪い、千葉ロッテが試合の主導権を握る。

 パーフェクトピッチングを続けている佐々木朗投手は、9回表のマウンドに上がると、内野ゴロ2つで2アウトとし、最後は代打・杉本裕太郎選手を空振り三振に仕留め、完全試合達成。6対0で勝利した。

 千葉ロッテは、先発・佐々木朗投手が9回19奪三振、圧巻の投球内容で完全試合を達成。プロ野球新記録となる13者連続三振、タイ記録となる1試合19奪三振を記録するなど、完璧な投球を披露した。

  123456789 計
オ 000000000 0
ロ 10000500X 6

オ ●宮城大弥-村西良太-阿部翔太-本田仁海
ロ ○佐々木朗希

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
佐々木朗希の特集動画はこちら
【動画】プロ野球記録を大幅更新! 佐々木朗希 13者連続奪三振
【動画】レアード 8試合連続安打となるタイムリー
【動画】松川虎生 走者一掃のタイムリー

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM