好機で得点を重ねた福岡ソフトバンクが3連勝! 栗原陵矢には2戦連発弾が生まれる

2022.3.27(日) 16:30 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・栗原陵矢選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・栗原陵矢選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月27日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第3回戦は、6対4で福岡ソフトバンクが勝利。

 福岡ソフトバンクは、北海道日本ハム・吉田輝星投手の立ち上がりを攻め立てる。2番・今宮健太選手の安打などで得た1死1、3塁の好機から、4番・グラシアル選手の犠飛で1点を奪う。すると、続く栗原陵矢選手には2戦連発となる2号2ランが生まれ、初回から3点を挙げた。

 序盤から援護を受けた先発の杉山一樹投手は、2回表、3回表と2イニング連続で3者凡退に打ち取る。ところが4回表、2死1塁から5番・ヌニエス選手に適時二塁打を許すと、5回表には9番・万波中正選手に同点弾を浴び、続く渡邉諒選手に四球を与えたところで降板。後を受けた椎野新投手だったが、3者連続四球で1点を失い降板。なおも1死満塁のピンチで、藤井皓哉が登板すると、後続を打ち取り流れを引き寄せる。

 すると打線は直後の5回裏、先頭の8番・中村晃選手が安打で出塁。続く甲斐拓也選手の犠打で、1死2塁とチャンスを拡大すると、1番・三森大貴選手が同点の適時三塁打を放つ。さらに1死3塁から、今宮選手の内野ゴロの間に三塁走者が生還し、すぐさま勝ち越しに成功した。

 6回裏に甲斐選手の適時二塁打で1点を追加し、6対4で迎えた最終9回表は、モイネロ投手がマウンドへ。代打・今川優馬選手、万波選手から2者連続で空振り三振を奪うなど、3者凡退で締めて試合終了。藤井投手がNPB復帰後初勝利を手にした。

 勝利した福岡ソフトバンクは、杉山投手が5回途中3安打1本塁打3四球3奪三振4失点で降板するも、打線が好機で得点を重ね、開幕カード3連勝を飾った。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の吉田輝星投手が4回4安打1本塁打2四球1奪三振3失点。ヌニエス選手に来日初打点、万波選手に1号2ランが生まれたものの、救援陣が踏ん張れなかった。

  123456789 計
日 000130000 4
ソ 30002100X 6

日 吉田輝星-●池田隆英-井口和朋-杉浦稔大-宮西尚生
ソ 杉山一樹-椎野新-○藤井皓哉-嘉弥真新也-又吉克樹-Sモイネロ

文・高橋優奈

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!3月末までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】栗原陵矢 2戦連発となる2ラン
【動画】藤井皓哉が好投でピンチを切り抜ける
【動画】三森大貴の同点スリーベース!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM