BAYFLOWとパ・リーグ球団のコラボアイテム「Pacific BAYFLOW」登場 担当者が語るこだわりのデザインとは

2022.3.28(月) 11:00 パ・リーグ インサイト
Pacific BAYFLOW 画像提供:ベイフロー
Pacific BAYFLOW 画像提供:ベイフロー

 ライフスタイルブランド「BAYFLOW」が3月25日からパ・リーグの4球団(東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ)をテーマにしたファッショングッズを発売。「Pacific BAYFLOW」と題し、プロ野球とパ・リーグを日常に感じることができるアパレルなどが登場した。

 30代から40代の男女をターゲットとしている「BAYFLOW」は、ナチュラルでヘルシーなライフスタイルを提案するブランド。これまでは特に「海」「サーフィン」がデザインのメインだったが、そこからさらに「アウトドア」「スポーツ」を楽しむ世界観を広げたいというブランドの方針が今回パ・リーグ球団とのコラボレーション企画に結びついたという。

 開発に携わったメンバーに野球ファンが多く、BAYFLOWメンズ商品企画の甲斐貴敏さんは「野球に携ることは常々したいと思っていて(パ・リーグ球団コラボと聞き)二つ返事でやらせてください、と答えました」と経緯を振り返る。

企画を担当したBAYFLOWの杉本さん、甲斐さん、増矢さん※写真撮影時のみマスクを外しています
企画を担当したBAYFLOWの杉本さん、甲斐さん、増矢さん※写真撮影時のみマスクを外しています

 発売された「Pacific BAYFLOW」はアパレル・雑貨が8アイテム。コンセプトについてBAYFLOWメンズデザイナーの増矢旨宏さんは「BAYFLOWは西海岸カジュアルのイメージがすごく強いブランド。西海岸っぽい、陽気で元気な雰囲気を各球団さんで表現できたら」と話す。

 4球団をBAYFLOWらしいデザインに反映するべく、デザイン事務所SHARESのアートディレクター・RUUU SEARTさんと、グラフィックデザイナーの和田武史さんの2名を起用。

(左)グラフィックデザイナーのRUUU SEARTさん(右)和田武史さん 画像提供:ベイフロー
(左)グラフィックデザイナーのRUUU SEARTさん(右)和田武史さん 画像提供:ベイフロー

 RUUU SEARTさんは「球団それぞれのイメージや思いを尊重しながら、“Pacific” というテーマをもとに、カリフォルニアの西海岸を意識して“暖かな日差し”、“穏やかな海”、“リラックス”を感じられるようなデザインにしました。アパレルとのコラボということで身につけたり、お部屋に飾ったりと、より球団を身近に感じられるようなデザインに落とし込みました」とコメント。「特にバンダナ柄は細部までこだわりモチーフを描いていますのでぜひ各球団のデザインをご覧いただければ」と各球団の象徴であるイヌワシ、ライオン、カモメ、バファローがやわらかなタッチで描かれている。

RUUU SEARTさんデザインのチームバンダナ 各1,320円(税込) 画像提供:ベイフロー
RUUU SEARTさんデザインのチームバンダナ 各1,320円(税込) 画像提供:ベイフロー

 一方、和田さんは「パ・リーグ4球団のグラフィックを自由にデザインしました。野球ファンそれぞれの推しのチーム同様に末長く愛着の湧くデザインを考えて、元々肌着だったTシャツがプリント技術の発達で、チームスポーツやファッションを楽しむアイテムに進化した頃の、50~60年代のビンテージなデザインに落とし込みました」とコメント。「いつでも好きなチームの服を着て、スポーツとファッションを楽しんでください」と、和田さんの描き下ろしデザインはコーチジャケットのバックプリントに用いられている。

和田武史さんのグラフィックデザインが配置されたコーチジャケット 各9,790円(税込) 画像提供:ベイフロー
和田武史さんのグラフィックデザインが配置されたコーチジャケット 各9,790円(税込) 画像提供:ベイフロー

 素材と色にもこだわった。クラシカルなユニフォーム風がかっこいいチアーシャツは「古着、アメカジベースの視点で素材選定をしている」(増矢さん)と綿麻を使用することで従来の応援ウェアとは違った印象に。

 色についても増矢さんは「球団カラーをちょっとBAYFLOWっぽい色で表現したかった」と、ぬくもりを感じさせるワイン(東北楽天ゴールデンイーグルス)、ブルー(埼玉西武ライオンズ)、チャコール(千葉ロッテマリーンズ)、ネイビー(オリックス・バファローズ)の4色を各商品に採用した。

素材や色みにこだわって製作された「Pacific BAYFLOW」。(写真左)チアーシャツ 各8,690円(税込)
素材や色みにこだわって製作された「Pacific BAYFLOW」。(写真左)チアーシャツ 各8,690円(税込)

 コーディネートのコツも聞いてみた。キーワードはトレンドの“オーバーサイズ”。シャツやコーチジャケットはいずれも今風のゆったりと着こなせるサイジングで、甲斐さんは「アイコンシャツは羽織としても着ていただくのがいいですかね。チアーシャツは中に長袖のTシャツをあわせてもらって」とおすすめしてくれた。BAYFLOWメンズ商品企画の杉本寛行さんも「応援でも着れると思うんですけれども、普段もカジュアルに着てもらえるアパレルだと思います」と自信を見せた。

「BAYFLOWは野球を応援しています!」(杉本さん)と話す通り、どの商品にも野球とパ・リーグ球団への敬愛が込められている。ぜひパ・リーグをファッションの側面からも楽しんでほしい。

Pacific BAYFLOW 販売概要

(左)アイコンシャツ(画像は埼玉西武ライオンズコラボ)8,690円(税込)、(右)バンダナTシャツ(画像はオリックス・バファローズコラボ)6,490円(税込) 画像提供:ベイフロー
(左)アイコンシャツ(画像は埼玉西武ライオンズコラボ)8,690円(税込)、(右)バンダナTシャツ(画像はオリックス・バファローズコラボ)6,490円(税込) 画像提供:ベイフロー
(左)バケットハット 4,290円(税込)、(右)トートバッグ 3,190円(税込)(画像は東北楽天ゴールデンイーグルスコラボ)画像提供:ベイフロー
(左)バケットハット 4,290円(税込)、(右)トートバッグ 3,190円(税込)(画像は東北楽天ゴールデンイーグルスコラボ)画像提供:ベイフロー
シートクッション 2,530円(税込)(画像は千葉ロッテマリーンズコラボ)画像提供:ベイフロー
シートクッション 2,530円(税込)(画像は千葉ロッテマリーンズコラボ)画像提供:ベイフロー

◇販売場所
東北楽天ゴールデンイーグルス
楽天イーグルスオンラインショップ
楽天イーグルス チームショップ

埼玉西武ライオンズ
ライオンズストア オンライン
ライオンズ チームストア フラッグス

千葉ロッテマリーンズ
千葉ロッテマリーンズオンラインストア
マリーンズストア ミュージアム店

オリックス・バファローズ
オリックス・バファローズ公式オンラインショップ
Bs SHOP

(左)BAYFLOW 吉祥寺店 画像提供:ベイフロー、(右)店内の様子
(左)BAYFLOW 吉祥寺店 画像提供:ベイフロー、(右)店内の様子

BAYFLOW店舗
全国のBAYFLOW店舗
公式WEBストア .st(ドットエスティ)


※紹介した商品は売り切れの場合があります。販売店舗やオンラインショップでご確認ください。
※販売場所・店舗により取り扱い商品が異なります。詳細は各販売店舗でご確認ください。

文・菊地綾子

関連リンク

パ・リーグ6球団ユニフォーム特集2022
世界初! 新球場・ES CON FIELD HOKKAIDOにクラフトビール醸造レストランが開業
「獅子まんま」を自宅で味わえる! 「おうちでライオンズグルメ」第1弾は若獅子シリーズ

関連チーム記事/TEAM