新庄監督、不振の清宮を心配「打席で迷いがあった」 2打席連続三振で4回で交代

2022.3.19(土) 18:39 Full-Count
北海道日本ハム・新庄剛志監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
北海道日本ハム・新庄剛志監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

“ファン投票打順”で2番スタメンを勝ち取るも快音響かず

■北海道日本ハム 6ー4 横浜DeNA(オープン戦・19日・札幌ドーム)

 北海道日本ハムは19日、本拠地・札幌ドームで横浜DeNAとオープン戦を行い、6-4で逆転勝ちした。ファン投票による“人気順”となった打順で「2番・一塁」で先発出場した清宮幸太郎内野手は、2三振を喫して4回の守備から交代。新庄剛志監督は「打席で迷いがあった」と指摘した。

 清宮は初回1死の第1打席、横浜DeNA先発・大貫のフォークに手を出し空振り三振。3回2死の第2打席は3球三振といいところがなく、交代が告げられた。新庄監督は「あの迷っているスイングをベンチで見るとズルズルと吸い込まれるというか……そういう風に見えた。本人的に次の打席にガツンと打てば切り替えられると思うが、今日の感じは交代かなと」と説明した。

 オフにはビッグボスの助言を受けて9キロの減量に成功した清宮。5年目の今季に懸ける思いは強いが、オープン戦はここまで12試合に出場して打率.167、0本塁打0打点8三振と苦しんでいる。新庄監督も「タイミングが合ってない。(配球面の迷いか)分からない。俺は迷わないでもああいう三振してたけど」ともがく22歳を心配していた。

(町田利衣 / Rie Machida)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER