サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

中村剛也が走者一掃のタイムリー! 埼玉西武が新名称「ベルーナドーム」で初勝利

2022.3.15(火) 20:46 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月15日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムのオープン戦は、4対1で埼玉西武が勝利。新名称となった本拠地での初戦を勝利で飾った。

 埼玉西武は2回裏、3四球で2死満塁とすると、押し出し四球で1点を先制。なおも2死満塁から、3番・中村剛也選手が走者一掃の3点適時二塁打を放ち、北海道日本ハム・根本悠楓投手からこの回4点を奪った。

 頼もしい援護を受けた先発の今井達也投手は、4回表に二塁打と四球で無死1、2塁のピンチを背負うも後続を断ち、4回2安打3四球1奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。

 以降は増田達至投手、大曲錬投手が無失点でつなぎ、4対0で迎えた7回表は田村伊知郎投手が登板。6番・ヌニエス選手に被弾し、3点差に詰め寄られるも、8回表を宮川哲投手、最終9回表を平井克典投手が3者凡退で締め、4対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、今井投手が要所を締める投球で4回無失点に抑えると、打線では中村選手に適時二塁打を含む3安打が生まれた。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の根本投手が4回2安打6四球1奪三振4失点と苦戦。打線も計3安打で、ヌニエス選手の一発による1得点のみにとどまった。

  123456789 計
日 000000100 1
西 04000000X 4

日 ●根本悠楓-古川侑利-吉田輝星-井口和朋
西 ○今井達也-増田達至-大曲錬-田村伊知郎-宮川哲-S平井克典

文・高橋優奈

関連リンク

【動画】中村剛也の走者一掃適時二塁打
【動画】金子侑司が好守を披露
【動画】ヌニエスが来日初本塁打を放つ
アニメ好きにオススメ!  西武線で行くベルーナドーム周辺観光スポット
来日叶わぬもチームとの距離つめた “国際部門スタッフからのメール” 公開

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM