中信デポーラが2年連続MVP 元NPBのあの助っ人、コーチが台湾へ

2022.1.19(水) 07:00 駒田英
安打王・王威晨選手 写真提供:CPBL
安打王・王威晨選手 写真提供:CPBL

 前回の記事で紹介したように、台湾プロ野球の2021年シーズンは、林威助監督率いる前期シーズン優勝の中信兄弟と、後期優勝の統一セブンイレブンライオンズが台湾シリーズで対決、中信が4連勝で統一を下し、11年ぶりに台湾王者に輝いた。今回は昨年末に行われた年間表彰式のほか、ストーブリーグの話題をたっぷりお届けしよう。

<中編>陳冠宇に呂彦青……ドラフト指名の元NPB選手、日本人選手の成績は?
<後編>平野恵一氏が中信のコーチに就任 5球団中4球団に日本人指導者が

日本でもプレーしたジャーニーマン、デポーラが台湾で開花、2年連続MVPは外国人初

 台湾プロ野球を運営するCPBLは、昨年12月20日、台北市内のホテルで年間表彰式を開催した。投打各タイトル、そしてすでに発表されていたベストナイン、ゴールデングラブ賞、カムバック賞などの表彰と共に、新人王、最成長選手賞、年間MVPの発表が行われた。

 年間MVPは、17勝で最多勝、防御率1.83と157奪三振は共にリーグ2位のカナダ人右腕、ブロック・ダイクソン(統一)、リーグ2位の16勝、防御率1.77と187奪三振はリーグトップで投手「二冠王」に輝いたドミニカ人左腕、ホセ・デポーラ(中信)、そして、リーグ4位の打率.311、22HRと81打点はリーグトップの打撃「二冠王」、朱育賢(楽天モンキーズ)の3人がノミネートされていた。

 台湾シリーズでも投げあったダイクソンとデポーラの一騎打ちと見られていた中、デポーラが149ポイントを獲得、ダイクソンを9ポイント上回り、2年連続でMVPを獲得した。これまで2年連続受賞は現・北海道日本ハムの王柏融ら5人いるが、外国人選手では初の快挙となった。

 デポーラは、台湾初年度の2020年は開幕5連敗のスタートも、その後修正し7連勝、最終的に16勝を挙げ最多勝、投手「三冠王」となると、2021年も、セイバーメトリクスで貢献度を表す指標WARはリーグトップの5.62と、優れた成績でチームの王座奪還に貢献した。メジャーリーグでの登板はヤンキース時代の2015年、現・東北楽天、田中将大の先発試合での1試合のみ、日本(BCリーグ石川)、メキシコ、パナマでもプレーしたジャーニーマンは、台湾でその実力をついに開花させた。

新人王・曾峻岳投手 写真提供:CPBL
新人王・曾峻岳投手 写真提供:CPBL

新人王は20歳の曽峻岳(富邦) 王威晨(中信)は名実共にリーグを代表するスターに

 新人王、ベストナインとゴールデングラブ賞のW受賞の選手を紹介しよう。新人王は57試合に登板、4勝0敗、防御率1.80、13ホールド、12セーブをマークした20歳の右腕、曽峻岳(富邦ガーディアンズ)が受賞した。曽は2019年U18W杯の代表候補となるも落選、高3の一年間はスランプに陥り、ドラフトでは7位指名と即戦力の評価ではなかった。

 しかし、オープン戦で150キロ以上の速球を連発、猛アピールし開幕一軍入りを果たすと、勝ちパターンの中継ぎから、セットアッパー、さらに本来のクローザー陳鴻文の先発転向後は抑えを務めた。MAX154km/hの直球のみに頼らず、リーグ休止期間にカーブやフォークを磨いた効果もあり、シーズンを通じて結果を残した。

 一軍初登板初先発で先頭打者から11人連続で三振を奪う鮮烈なデビューを果たし、アメリカの野球データサイト『FanGraphs』のプロスペクトランキングでも台湾選手トップの33位にランクされた21歳の右腕、徐若熙(味全ドラゴンズ)は、WARは2.92でリーグ5位、台湾人投手トップ、インパクトでは間違いなくNO.1だったが、球数制限があった上、打線の援護も得られず、3勝7敗に終わり、得票数は3位に留まった。

 ベストナインとゴールデングラブ賞のW受賞は、捕手の林岱安(統一)、二塁手の林靖凱(統一)、三塁手の王威晨(中信)、遊撃手の江坤宇(中信)、そして、後半戦、攻守に渡る活躍でチームを後期3位へ押し上げ、新人王投票でも得票数2位となった外野手の郭天信(味全)の5選手だった。

 このうち、王威晨は初の打撃タイトルとなる最多安打に輝いた。8月、前身・兄弟エレファンツのスター選手で監督も務めた父の王光輝氏が死去、精神的にタフなシーズンだったが、キャプテンとして攻守でチームを引っ張った。オールスターゲームの代わりに実施された人気投票でも1位に輝き、会場では最も大きな声援を受けていた。

 大学時代の怪我の影響もあり、下位(13位)での入団であったが、リーグを代表するスター選手となった。林靖凱、江坤宇、郭天信は2018年のU18アジア選手権(宮崎)で、甲子園のスター軍団を擁した日本に勝利した際のメンバー。当時も二遊間を組んでいた林と江は堅い守りが売りで、台湾野球に新たな風を吹き込んでいる。

文・駒田英

<中編>陳冠宇に呂彦青……ドラフト指名の元NPB選手、日本人選手の成績は?
<後編>平野恵一氏が中信のコーチに就任 5球団中4球団に日本人指導者が

関連リンク

林威助監督率いる中信兄弟が4連勝で11年ぶりに台湾王者に
楽天・陳冠宇が台湾プロ野球初登板!前期シーズンは林威助・新監督率いる中信兄弟が優勝!
「なんで帰ってこないのと言われたけど…」元千葉ロッテ・チェンが台湾に帰国した理由
台湾プロ野球ドラフトレポート 陳冠宇(チェン・グアンユウ)は楽天モンキーズ、呂彥青(ル・イェンチン)は中信兄弟がそれぞれ1位指名
田澤純一は味全の守護神として奮闘中 台湾プロアマ、最終予選の防疫計画案提出