B1秋田・田口成浩選手の注目は? 野球通のプロバスケ選手に聞いてみた【後編】

2022.1.14(金) 17:01 パ・リーグ インサイト
秋田ノーザンハピネッツ・田口成浩選手(C)AKITA NORTHERN HAPPINETS
秋田ノーザンハピネッツ・田口成浩選手(C)AKITA NORTHERN HAPPINETS

 プロバスケットボール選手だが、熱心な野球ファンでもあるB1秋田ノーザンハピネッツの田口成浩(たぐち・しげひろ)選手。インタビュー後編では心に残っている試合や、2022年の注目選手などを教えてもらった。

◇◇

ーーこれまでに見た野球の試合で印象に残っている試合はありますか

「現地で見た試合じゃなくてもいいですか? かなり前ですけど、近鉄バファローズの北川さんの代打逆転サヨナラ満塁ホームラン(01年パ・リーグ優勝決定試合)。これはもう二度と出てこないシーンだと思います。何度見てもすごいなあって鳥肌の立つ場面ですね。あとは田中マーくんが160球を投げた次の日に抑えで出てくる試合ですね(13年日本シリーズ)。「あとひとつ」を(ファンが)歌ってたシーンはすごく感動的で、星野監督が“田中!”と選手交代を告げたシーンも好きです」

ーー克明に覚えていますね

「今こうやって出ましたけど、こういうことを話しながら酒飲みたいです(笑)」

ーーBリーグのシーズン中は中継で野球観戦されているのでしょうか

「はい、見ています。(パーソル)パ・リーグTVのTwitterもフォローしていますよ。ダイジェストやファインプレー集を見ます。昨日はコケシーンの動画を見ました」

ーー珍プレー集までチェックされているとはさすがです。ここからは田口選手が特に注目、応援しているプロ野球選手についてうかがいたいのですが、田口選手のTwitterを見ますと同郷の秋田出身の選手に注目されていますよね

「まず頑張ってほしいなって思うのはオリックスにドラフト7位で入った小木田敦也投手。角館中学という自分の中学校の後輩なんです。そういうこともあってめちゃくちゃ応援しています。(面識は?)Twitterもフォローさせてもらって“カテゴリーは違うけれど、相談に乗れることがあればなんでも力になるから”って話をしました」

ーー秋田は落合博満さん、山田久志さんなど名選手を輩出しています。中嶋聡監督率いるオリックスと、石川雅規投手と石山泰稚投手が在籍する東京ヤクルトの対戦となった昨年の日本シリーズ。秋田生まれの田口選手にとってはワクワクするカードだったのでは

「どっち応援したらいいかって感じだったので、純粋に野球を楽しむだけでしたね。(印象的なシーンは?)うーん、結構あるなあ。やっぱり守り。守り合いというか、エラーは起きながらもそのエラーをカバーし合うというか。そういうシーンが結構あったんですよね。そういったところもスポーツの魅力、野球の魅力なのかな。一人ではできないことですので協力し合う、助け合うシーンがぼくは好きでした」

秋田ノーザンハピネッツ・田口成浩選手(C)AKITA NORTHERN HAPPINETS
秋田ノーザンハピネッツ・田口成浩選手(C)AKITA NORTHERN HAPPINETS

ーー田口選手の出身校・明桜高校だとパ・リーグには千葉ロッテ・山口航輝選手、福岡ソフトバンクのドラフト1位の風間球打投手がいます

「本当に楽しみですね。山口くんとは面識があって、あと成田くんとか(千葉ロッテ・成田翔投手、秋田県出身)。山口くんはクライマックスシリーズも頑張っていましたし、球団オフィシャルSNSで(猛練習後に)手の皮がほぼ剥けた写真も見ましたので、頑張ってんな~って。自分も負けられない気持ちになりますし、切磋琢磨している感じはあります」

ーー秋田が縁となった素敵な関係ですね。ちなみに富士大学時代は山川穂高選手と外崎修汰選手(ともに埼玉西武)と在学期間が重なっていましたか?

「はい、かぶってます。ただ絡みはほとんどなくて。トレーニング場では一緒になってましたが。(面識はないが)勝手に応援しています。もっと声かけておけばな~(笑)」

ーー同じ大学でも競技が違うと、交流が必ずしも生まれるわけではないのですね。注目している選手の日々の結果はやはり気になりますか

「はい、面識ある人の活躍はなんでもうれしいじゃないですか。パ・リーグだと浅村くん(東北楽天・浅村栄斗選手)も縁があって、一緒にご飯を食べたりゴルフ行ったりしたことも。刺激は受けますね。オリンピックに出て活躍していますし、チームの柱としてやっていますので。次のオフは、まず楽天の球場に行って応援したい。それが近くの目標です。その次に新庄さんの日本ハムを観たいかな」

ーー野球経験があって、野球観戦もされている田口選手。それらがバスケットボールに生きていることはありますか

「小学校の野球の練習は厳しかったですが、“さあ、こーい!”みたいなノリとか、根性もあるほうですので、それもバスケットにも生かしながらやっています。プロ野球はバスケットよりシーズンが長いですし、選手も多い。そういうなかでどういうメンタルを作りながら、シーズンを戦うのかっていうのは、ドキュメンタリーとかを見ながら参考にさせてもらっています」

ーー野球ファンは冬になると試合がなくてさみしいところ。田口選手からそんな野球ファンへ、最後にBリーグと秋田ノーザンハピネッツのアピールをお願いします!

「Bリーグは冬でも会場は体育館ですので暖かくて、エンターテインメント的にも野球とは違った楽しみ方もあります。バスケットは早い展開で得点が何点も入れ合うスポーツ。ダンクシュートだったり迫力のある姿を近くで見ることができます。会場に足を運んでみてもらえればバスケットの魅力は確実に、必ずわかると思います! “野球がなくて暇だな”と思う人は各地の会場に行ってもらえればうれしいです。

 秋田ノーザンハピネッツの魅力はブースター(注:バスケットボールのファンのこと)の熱狂的な応援。今は新型コロナの影響で歌えませんが、秋田県民歌をみんなで歌って試合が始まるんです(動画はこちら)

ーー秋田は18勝10敗で東地区5位(2022年1月10日現在)。チャンピオンシップ出場、地区優勝も狙える位置です

「泥臭く、がむしゃらについていきたいですね。個人的にはケガをしないように。全試合チームに貢献し、自分の持ち味である3ポイントシュートというところを出していけたら」

ーープレッシャーがかかったときにはパーソル パ・リーグTVをお楽しみください

「プレッシャーがかかっても、かかってなくても見てるんで大丈夫です! オンのバスケ、オフの野球みたいな感じになってますから(笑)」

田口成浩選手 プロフィール

田口成浩(たぐち・しげひろ)
 #5/1990年3月25日生まれ
 184cm・84kg/ポジション:SG(シューティングガード)

 秋田県出身。明桜高校から富士大学を経て、2012シーズンに秋田ノーザンハピネッツ入団。2018シーズンから千葉ジェッツに所属し、2020-2021シーズンにはチャンピオンシップ制覇。今季より再び地元の秋田ノーザンハピネッツに復帰し、シューターとして東地区優勝、そしてチャンピオンシップ進出を目指すチームを支える。2021年12月5日にプロ通算5000得点とB1通算300回3ポイントシュート成功を達成。日本プロバスケットボール選手会会長も務めている。野球愛があふれる田口選手のTwitterは@shigeoisa_5

写真提供:秋田ノーザンハピネッツ
取材:菊地綾子

前編はこちら

関連リンク

パ・リーグ選手出身地ランキング最新版! 野球王国はどこだ!?
富士大学出身のパ・リーグ所属選手はこちら
日々更新! 島内語録2021
パーソル パ・リーグTVのオススメ動画を厳選!【芸術点高めな投球編】
千葉ロッテがチーム関係者だけに配布した“秘密の本” 100ページに記された優勝への鍵

関連選手記事/PLAYER