【ファーム】大関友久がプロ初完封! 打線も大量援護の福岡ソフトバンクが快勝

2021.9.23(木) 16:04 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月23日、タマホームスタジアム筑後で行われた、福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦第29回戦は、11対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、先頭打者の柳町達選手が安打で出塁すると、川原田純平選手の内野安打に失策が絡んで無死1、3塁に。続く真砂勇介選手が左中間に3号先制3ランをたたきこむ。猛攻は止まらず、水谷瞬選手の適時打で追加点を挙げると、2死満塁の場面では柳町達選手が走者一掃の適時打。打者11人で7得点を奪い、一気に試合の主導権を握った。

 打線は2回裏にも1死満塁の得点機をつくると、渡邉陸選手の適時打などで4点を追加した。大量リードをもらった先発・大関友久投手は、度々得点圏に走者を背負いながらも、無失点で切り抜けてオリックスに反撃の隙を与えない。

 8回終了時点で119球を投じていた大関投手だったが、9回表にも引き続きマウンドへ。西野真弘選手に安打こそ許したが、後続を打ち取り11対0で試合終了。大関投手は9回133球を投げ切り、プロ初完封勝利を収めた。

 勝利した福岡ソフトバンクは、初回に先頭打者から6連打を放つなど、序盤に大量得点を奪って逃げきった。一方敗れたオリックスは、先発・山下舜平大投手が2回79球9安打11失点と乱調。しかし、3回以降は3投手で6イニングを3安打無失点に抑え込む好投を見せており、敗戦の中にも一定の収穫を感じさせた。

  123456789 計
オ 000000000 0
ソ 74000000X 11

オ ●山下舜平大-鈴木優-漆原大晟-澤田圭佑
ソ ○大関友久

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

大関友久投手の名鑑をチェック
【動画】真砂勇介選手の先制3ラン
【動画】渡邉陸選手の2点タイムリー
ファーム注目シーンを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM