【ファーム】水谷瞬に3号3ランなど、福岡ソフトバンクが9得点の猛攻で大勝!

2021.9.12(日) 16:40 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・水谷瞬選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・水谷瞬選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月12日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われたオリックス対福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦、第26回戦は9対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは3回表、安打と死球などで1死2、3塁のチャンスをつくると、1番・明石健志選手、2番・真砂勇介選手の連続適時打で3点を先制。さらに2死1、2塁から野村大樹選手が適時打を放つと、続く水谷瞬選手が3号3ラン。この回一挙7点を先制する。5回表は2死満塁から高田知季選手が適時打を放つと、6回表には9番・渡邉陸選手に3号ソロが飛び出し、9点目を奪った。

 先発の武田翔太投手は、3回裏に頓宮裕真選手の適時打で1点を失うも、大量援護に守られて4回6安打1失点にまとめる。5回からは大竹耕太郎投手が登板し、8回までの4イニングを6安打1死球7奪三振1失点に抑える力投を披露。7点リードの9回裏は泉圭輔投手が登板し、3者凡退の危なげないピッチングで試合を締めくくった。

 勝利した福岡ソフトバンクは、武田投手、大竹投手がそれぞれ4回1失点の好投を見せると、打線は12安打で9得点を奪った。一方敗れたオリックスは、先発の増井浩俊投手が3回5安打2四死球7失点と乱調。打線は12安打を放ちながらも、つながりを欠き2得点に終わった。

  123456789 計
ソ 007011000 9
オ 001010000 2

ソ 武田翔太-○大竹耕太郎-泉圭輔
オ ●増井浩俊-山田修義-竹安大知-中川颯-村西良太

文・波多野瞭平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

3号3ランを放った水谷瞬選手をチェック
4回1失点での好投で8勝目をマークした大竹耕太郎投手の成績はこちら
2本の適時打を放った頓宮裕真の動画をチェック
ファーム注目シーンを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM