【ファーム】ドラ2ルーキー・元謙太がサヨナラ打! オリックスが中日に逆転勝ち

2021.8.31(火) 16:18 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・元謙太選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・元謙太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月31日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われた、オリックスと中日のウエスタン・リーグ公式戦第22回戦は、3対2でオリックスがサヨナラ勝利。連敗を2で止めた。

 オリックスの先発・増井浩俊投手は初回、1死2塁からガーバー選手に先制打を許す。続く2回表は2奪三振無失点と立ち直ったところで降板。2イニングで被安打3、1失点という投球内容だった。

 3回表からマウンドに上がった鈴木優投手は、味方の好プレーにも助けられて2イニングを無失点に抑えると、5回表からは飯田優也投手が登板。四球と安打で無死1、3塁のピンチを招いたが、なんとか踏ん張って犠飛による1失点にとどめ、大量失点は防いだ。

 一方の打線は、相手先発の勝野昌慶投手に5回までを1安打に封じ込められる。6回裏にはチームとして3イニングぶりの安打と敵失策で1死1、2塁としたが、後続が倒れて無得点に終わった。

 しかし7回裏、この回から登板した高橋宏斗投手を攻め立てて1死1、3塁の好機をつくると、勝俣翔貴選手の適時打で1点を返す。さらに、前日に支配下登録に復帰したばかりの岡崎大輔選手が同点打で続き、試合を振り出しに戻した。

 9回裏、先頭の後藤駿太選手が二塁打で出塁し、犠打で1死3塁とするも、岡崎選手が空振り三振に倒れ2死3塁に。ここで打席を迎えた元謙太選手が直球をセンターへ弾き返してサヨナラ打とし、試合終了。ほぼ毎回走者を出しながらも中日打線を2得点に抑える粘投を見せた投手陣に応え、打線が終盤に追い上げたオリックスがサヨナラ勝利を飾った。

  123456789 計
中 100010000 2
オ 000000201X3

中 勝野昌慶-高橋宏斗-森博人-鈴木博志-●石田健人マルク
オ 増井浩俊-鈴木優-飯田優也-神戸文也-齋藤綱記-K-鈴木-○張奕

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

元謙太選手のサヨナラ打を動画で
勝俣翔貴選手の名鑑はこちら
岡崎大輔選手をチェック
ウエスタン・リーグ個人打撃成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM