ジョーンズが土壇場で同点打! 両先発が好投したオリックス対福岡ソフトバンクは引き分け

2021.8.28(土) 21:48 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ ジョーンズ選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ ジョーンズ選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月28日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第16回戦は、最終回にオリックスが追い付き、2対2の引き分けに終わった。

 オリックスの先発は宮城大弥投手。3回表、2本の内野安打で2死1、2塁のピンチを背負うと、4番・栗原陵矢選手に適時打を浴び、1点を先行される。しかし、以降は要所を締める投球を披露。6回を投げ、7安打2四死球5奪三振1失点の好投で後続に託した。

 宮城投手の好投に応えたい打線は6回裏、2死から3番・吉田正尚選手が四球で出塁すると、4番・杉本裕太郎選手が詰まりながらもセンター前へ安打を放ち、チャンスを拡大。続く安達了一選手のレフトへの適時二塁打で同点に追い付く。

 8回表、4番手のヒギンス投手が1死3塁から代打・長谷川勇也選手の犠飛で勝ち越しを許すも、1点ビハインドの9回裏、先頭の吉田正選手が四球で出塁。続く杉本選手の安打などで1死1、3塁とすると、代打・ジョーンズ選手がレフト前へ適時打を放ち、同点に。一気にサヨナラといきたいところだったが、後続が2者連続三振に打ち取られ、2対2で試合終了。

 オリックスは、先発・宮城投手が6回1失点の好投。打線は土壇場の9回裏、代打のジョーンズ選手に同点打が生まれた。一方の福岡ソフトバンクは、先発の石川柊太投手が7回5安打2四死球3奪三振1失点の好投も、9回裏途中から登板した板東湧梧投手が踏ん張れなかった。

  123456789 計
ソ 001000010 2
オ 000001001 2

ソ 石川柊太-甲斐野央-嘉弥真新也-板東湧梧
オ 宮城大弥-比嘉幹貴-バルガス-ヒギンス-澤田圭佑

文・高橋優奈

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
試合の動画/詳細スコアはこちら
先発・宮城大弥投手の名鑑はこちら
7回1失点の好投!石川柊太投手をチェック
同点打を放ったジョーンズ選手の直近成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM