上沢直之の好投で北海道日本ハムが後半戦初勝利! R.ロドリゲスがマルチ安打

2021.8.22(日) 17:20 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月22日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと楽天の第18回戦は、2対1で北海道日本ハムが勝利。連敗を「4」で止め、後半戦初勝利を飾った。

 北海道日本ハムは初回、野選で1点を先制すると、2回裏には9番・清水優心選手の適時打で2対0とし、ゲームの主導権を握った。

 先発・上沢直之投手は4回表に1点を失うも、粘りの投球で追加点を与えない。7回表は球数が100球を超えながら続投。2死1、2塁のピンチを招くも、この日2安打の鈴木大地選手を中飛に打ち取り、7回2失点の粘投で中継ぎ陣に後を託した。

 2対1と1点リードで迎えた8回表は、B.ロドリゲス投手が登板。先頭の浅村栄斗選手に四球こそ許すも、その後は併殺、内野ゴロと3人で切って無失点。最終9回表は、杉浦稔大投手が1死2塁のピンチを背負うも、後続は打ち取って試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発・上沢投手が7回118球5安打2奪三振2四球1失点で、6月18日以来の白星となる7勝目。打っては「7番・二塁」で先発出場したR.ロドリゲス選手が三塁打含むマルチ安打で気を吐いた。一方敗れた楽天は、先発・涌井秀章投手が2回2失点(自責点1)で降板。2番手・西口直人投手が3イニングを0で抑える好投も、打線が好機を活かしきれなかった。

  123456789 計
楽 000100000 1
日 11000000X 2

楽 ●涌井秀章-西口直人-酒居知史-安樂智大-宋家豪
日 ○上沢直之-B.ロドリゲス-S杉浦稔大

文・岩井惇

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
動画/ヒーローインタビューはこちら
上沢直之投手の動画/記事/成績をチェック
清水優心選手のタイムリーを動画で
西口直人投手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM