• TOP
  • ニュース
  • 【ファーム】増田珠が決勝打。周東佑京に2ランが生まれるなど13安打7得点で鷹が辛勝

【ファーム】増田珠が決勝打。周東佑京に2ランが生まれるなど13安打7得点で鷹が辛勝

2021.7.21(水) 20:34 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・増田珠選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・増田珠選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月21日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦第16回戦は、7対6で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンク先発のC.スチュワート・ジュニア投は、手初回から4イニングを無安打無失点に抑える立ち上がりを披露。しかし5回表、連打で無死1、3塁のピンチを招くと、木下元秀選手に2点適時打、矢野雅哉選手に犠飛を浴びて3失点を喫し、5回3安打2四球5奪三振3失点の内容で降板した。

 一方の打線は4回裏、バレンティン選手の2試合連続となる7号ソロで先制に成功。2点を追う5回裏には、佐藤直樹選手の適時打、周東佑京選手の1号2ランで3点を挙げ、4対3で試合は折り返した。

 継投に入った福岡ソフトバンクだったが、6回表に泉圭輔投手が四球と安打、自身の暴投で1、3塁のピンチを背負い、けん制悪送球で同点とされる。6回裏に柳町達選手の1号ソロで勝ち越したが、直後の7回表に渡邉雄大投手がメヒア選手、持丸泰輝選手の連続二塁打で1失点。続く7回裏には周東選手の適時打で再び勝ち越すも、8回表にも高橋礼投手が曽根海成選手に適時打を浴びるなど、リードを守れない展開が続く。

 打線は8回裏に増田珠選手の適時打で1点の勝ち越しに成功すると、続く9回表は椎野新投手が3者凡退で締め、7対6で試合終了。打っては周東選手、柳町選手、谷川原選手が2安打を放つなど、計13安打で7得点を挙げた。

  123456789 計
広 000031110 6
ソ 00013111X 7

広 床田寛樹-遠藤淳志-高橋樹也-今村猛-●中崎翔太
ソ C.スチュワート・ジュニア-泉圭輔-渡邉雄大-○高橋礼-S椎野新

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

周東佑京選手の名鑑はこちら
柳町達選手の動画/記事/成績をチェック
決勝打を放った増田珠選手を詳しく

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 【ファーム】増田珠が決勝打。周東佑京に2ランが生まれるなど13安打7得点で鷹が辛勝