今井達也が7回1失点で今季6勝目。序盤からリードを奪った埼玉西武が勝利

2021.7.10(土) 19:14 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月10日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と埼玉西武の第11回戦は、6対2で埼玉西武が勝利。投打かみ合った展開で連敗を「5」で止めた。

 埼玉西武は2回表、先頭の4番・栗山巧選手、5番・中村剛也選手の連打で無死1、2塁とすると、6番・呉念庭選手の適時二塁打で先制。なおも2死満塁として、1番・源田壮亮選手、2番・森友哉選手の連続適時打が生まれ、この回一挙4点を先行する。さらに3回表にも満塁から押し出し四球と暴投で2点を加え、6対0とリードを広げた。

 先発・今井達也投手は3回裏、島内宏明選手の適時打で1点を返されるが、以降は四球を出しながらも安打は許さず。6回裏には自ら招いた2死1、2塁のピンチも三振で切り抜け、100球を超えた7回裏も続投。先頭に死球を与えたが続く打者を併殺に打ち取るなど、無失点に抑えて7回4安打8四死球5奪三振1失点でマウンドを降りた。

 8回裏にはギャレット投手が田中貴也選手の2号ソロで1点を失うも、4点差の9回裏を平良海馬投手が締め、6対2で試合終了。埼玉西武は序盤に栗山選手、中村選手の2度の連打から打線がつながり大量点を挙げると、先発・今井投手が7回1失点の好投。連敗を「5」でストップした。一方の楽天は、先発・涌井秀章投手が3回7安打3四球6失点と誤算。救援陣は相手打線を無失点に抑えるも、序盤の失点が大きく響いた。

  123456789 計
西 042000000 6
楽 001000010 2

西 ○今井達也-ギャレット-平良海馬
楽 ●涌井秀章-高田孝一-福井優也-牧田和久-ブセニッツ

文・丹羽海凪

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
先制のタイムリーツーベース!呉念庭選手をチェック
マルチヒットで2000本まであと「17」栗山巧選手の直近成績
本日3安打!中村剛也選手の動画はこちら
2号ソロを放った田中貴也選手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM