【ファーム】王彦程が5回無失点の好投! 打線も7得点を奪い楽天が勝利

2021.6.27(日) 15:55 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・王彦程投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・王彦程投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月27日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第14回戦は、7対2で楽天が勝利した。

 楽天は初回、先頭からの3連打で無死満塁とすると、4番・和田恋選手、5番・ディクソン選手の2者連続の犠飛で2点を先制。4回裏には安打で出塁した和田選手を1塁に置いて、ディクソン選手が7号2ランを放ち2点を追加する。5回裏には1死2塁から堀内謙伍選手の適時三塁打と横尾俊建選手の犠飛でさらに2点を加え、6対0とした。

 先発の王彦程投手は、初回に2つの四球で2死1、2塁のピンチを招くも無失点にしのぎ、2回表、3回表は3者凡退のピッチングを見せる。王彦程投手は5回4安打2四球5奪三振無失点でマウンドを後に託した。

 6回表は高田萌生投手が登板するも、山本大斗選手、植田将太選手に連続適時打を浴びて2点を失い、続く打者に四球を与えて降板。しかしその後の2死1、2塁のピンチは、渡邊佑樹投手がしっかり抑えてつないだ。すると直後の6回裏には内田靖人選手の犠飛で1点を追加し、点差を5点に広げる。

 7回表は牧田和久投手、8回表はブセニッツ投手が3者凡退の完璧なピッチングを披露すると、9回表は森雄大投手が復帰後初登板。先頭の植田選手を三振に打ち取るも、四死球で1死1、2塁のピンチを招き、寺岡寛治投手にマウンドを譲る。寺岡投手は後続を打ち取り、7対2で試合終了となった。

 勝利した楽天は、先発の王投手が5回無失点の好投。打線は初回から小刻みに加点して、堀内選手、小郷裕哉選手はマルチ安打など計10安打で7得点を挙げた。敗れた千葉ロッテは、先発の土肥星也投手が5回7安打6失点と試合をつくれず、打線の反撃も6回表の2点にとどまった。

  123456789 計
ロ 000002000 2
楽 20022100X 7

ロ ●土肥星也-南昌輝-成田翔-土居豪人
楽 ○王彦程-高田萌生-渡邊佑樹-牧田和久-ブセニッツ-森雄大-寺岡寛治

文・波多野瞭平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

王彦程投手の動画はこちら
ホームラン含む3打点!ディクソン選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM