日本記録の埼玉西武平良が“天才型”なワケ 兄貴分が明かす意外な一面「iPadのゲームが…」

2021.6.15(火) 06:50 Full-Count 篠崎有理枝
埼玉西武・平良海馬※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
埼玉西武・平良海馬※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

1人でウエートをする姿に感心「あんなに体格のいい21歳はいない」

 2020年にパ・リーグ新人王を受賞した埼玉西武の平良海馬投手。4年目を迎えた今季は開幕から無失点を続け、プロ野球記録を更新している。平良の“兄貴分”と言われ、昨季限りで現役引退した高橋朋己さんは右腕を「天才型の投手」と絶賛する。

 平良は昨季、高橋さんの登場曲を引き継いで使用していた。高橋さんが故障から復帰することを願ってのことだったという。そんな2人の“師弟関係”が気になるところだが、特別なことはないと笑う。

「きっかけは顔が似ていると言われたことでした。『平良、俺に似てるなんて言われてイヤだろ?』と聞いたら『そんなことないです。嬉しいです』って言ってくれて。それから僕が平良のことを大好きになっただけです。あんなオラオラで投げているのに、走ってマウンドに向かう姿がかわいいし、ちょこちょこ歩いてくる姿もかわいい。僕が勝手に弟のように思っているだけです」

 そんなかわいらしい姿とは裏腹に、マウンドに上がれば最速160キロの剛速球と切れ味鋭い変化球を投げ込む。平良とは投球に関して話すことはないそうだが、トレーニングに取り組む姿を見ている高橋さんには、うなずける成長だ。

「キャンプでウエートをやっているところを見ましたが、1人で黙々とやる。会話はメニューが全て終わってからです。セット間が1分なのに5分10分しゃべって、また始める人も多いのに、あの若さでよく1人でできるなと感心しました。あんなに体格のいい21歳はいないですよ」

今季からライオンズアカデミーのコーチを務める高橋朋己氏※写真提供:Full-Count(写真:球団提供)
今季からライオンズアカデミーのコーチを務める高橋朋己氏※写真提供:Full-Count(写真:球団提供)

平良は「ゲームが上手い。指をものすごく速く動かす」

 身長は173センチと決して高くないが、体重は100キロのド迫力。トレーニングへの意識が変わり、自ら勉強するようになったのは2019年オフに菊池雄星投手(マリナーズ)と自主トレを行ったことがきっかけではないかという。

「雄星のところに行ってトレーニングを学んで、そこからだと思います。よく、胸筋がついて腕が回らなくなったという人がいますが、ベンチプレスだけやるからそうなる。平良は自分で勉強していろいろなトレーニングを取り入れているので、柔軟性はそのままで身体が大きくなった。だから、投球のリズムはそのままで投げられているのだと思います」

 高橋さんはプライベートでも、平良の巧みな技術を垣間見て驚いたことがあるという。「iPadのゲームがめちゃくちゃ上手い。指をものすごく速く動かすんです。手先がすごく器用で、頭がいいんだと思います。のほほんとしていますけど、いい意味で天才型の投手だと思います」。

 投球に関しては「何も言うことがない」と目を細める。「今シーズンから登場曲を変えちゃったから、かわいがることもないかな」といたずらっぽく笑う高橋さんは、11歳年下の弟分の更なる飛躍に期待している。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM