【ファーム】柘植世那の1号3ランで突き放した埼玉西武が勝利。浜屋将太は6回3失点の粘投

2021.6.8(火) 16:44 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・柘植世那選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・柘植世那選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月8日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は埼玉西武が6対3で埼玉西武が勝利した。

 打線は1回裏、エラーと連続四球で1死満塁から、5番・ブランドン選手が押し出し四球を選び、先制に成功する。1点を追う3回裏には、3番・高木渉選手と4番・佐藤龍世選手の連打で1死1、2塁の好機を演出すると、6番・川越誠司選手の適時打で同点。さらに7番・渡部健人選手から適時打が飛び出し勝ち越しに成功すると、8番・柘植世那選手が1号3ランを放ち、6対2と東京ヤクルトを突き放した。

 埼玉西武の先発は浜屋将太投手。初回は球威のある直球と変化球を操り、3者凡退に抑える立ち上がりを見せる。しかし3回表、2死から四球で出塁を許すと、3番・西田明央選手に1号逆転2ランを被弾。打線に再度逆転してもらってからは、緩急を使う投球で落ち着きを取り戻し、6回表に赤羽由紘選手の適時二塁打で失点するものの、6回5安打4四球8奪三振3失点の粘りの投球でマウンドを降りる。

 投手陣は7回表から継投に入り、水上由伸投手、小川龍也投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えると、9回表は田村伊知郎投手が無失点で締めて試合終了。勝利した埼玉西武は、3回裏の集中打で東京ヤクルト先発の木澤尚文投手をつかまえ、逆転に成功。投手陣は先発した浜屋投手が試合をつくると、リリーフ陣が無失点リレーを見せて逃げ切った。

  123456789 計
ヤ 002001000 3
西 10500000X 6

ヤ ●木澤尚文-嘉手苅浩太-丸山翔大
西 ○浜屋将太-水上由伸-小川龍也-S田村伊知郎 

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

6/8 ファイターズ対タイガース結果
6/8 イーグルス対ドラゴンズ結果
6/8 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/8 マリーンズ対スワローズ結果
6/8 バファローズ対ジャイアンツ結果
6/8 ホークス対カープ結果
【ファーム】6/8 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/8 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM