山川穂高が6号先制2ランも、ダーモディが5回途中4失点と崩れ埼玉西武が惜敗

2021.6.2(水) 21:57 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月2日、東京ドームで行われた巨人と埼玉西武の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、3対4で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武は3回表、この回先頭の2番・森友哉選手がフェンス直撃の二塁打を放つと、4番・山川穂高選手が、「打った瞬間、手ごたえバッチリでした」と右中間の一番深いところに6号2ランをたたき込む。3回裏に1点を返されたが、4回表に2四球と岸潤一郎選手の安打で満塁とし、森選手の適時打で再び点差を2点に広げた。

 先発・ダーモディ投手は勝ち投手の権利がかかった5回裏、ウィーラー選手に今試合2本目の適時打を浴び、その後満塁としたところで降板。代わって登板した宮川哲投手も岡本和真選手に2点適時二塁打を許し、3対4と試合をひっくり返された。

 埼玉西武は6回裏から森脇亮介投手、十亀剣投手、ギャレット投手がそれぞれ走者を背負いながらも1イニングを無失点でつなぎ、反撃を待つ。打線は9回表、ビエイラ投手から2死1、2塁の好機をつくるも、最後は山川選手が中飛に倒れて試合終了。

 敗れた埼玉西武は、ダーモディ投手が4.2回8安打1四球4失点と苦しい内容に。打線では森選手が2試合連続の猛打賞を記録するなど計10安打を放ったが、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
西 002100000 3
巨 00103000X 4

西 ●ダーモディ-宮川哲-森脇亮介-十亀剣-ギャレット
巨 横川凱-○戸根千明-畠世周-大江竜聖-中川皓太-Sビエイラ

文・矢澤拓郎

関連リンク

6/2 スワローズ対イーグルス結果
6/2 ベイスターズ対ホークス結果
6/2 ドラゴンズ対マリーンズ結果
6/2 タイガース対バファローズ結果
6/2 カープ対ファイターズ結果
【ファーム】6/2 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM