8回の猛攻をしのげず福岡ソフトバンクが惜敗。栗原陵矢が逆転の6号2ランも空砲

2021.6.1(火) 21:25 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・栗原陵矢選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・栗原陵矢選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月1日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAと福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、終盤に試合をひっくり返された福岡ソフトバンクが3対4で敗北。先発・武田翔太投手が6.2回7安打10奪三振1失点の好投も、セットアッパー・モイネロ投手の不在が響く格好となった。

 福岡ソフトバンクの先発は武田翔太投手。1回裏、2番・伊藤光選手に安打を許すも、女房役・甲斐拓也選手が盗塁を阻止して結果的に3人で初回を切り抜ける。しかし2回裏、1死1、2塁から7番・牧秀悟選手に適時打を浴び、先制点を奪われた。

 一方の打線は先制された直後の3回表、この回先頭の牧原大成選手が快足で内野安打をもぎとると、「早く追い付き、逆転するんだという気持ちで打席に入った」という栗原陵矢選手の打球は右中間へ。スタンド中段まで届く6号2ランで逆転に成功した。続く4回表にも、中村晃選手に適時打が飛び出し1点を追加。一気に試合の主導権を握る。

 打線が得点した直後の2イニングをともに3者凡退で抑えてリズムをつくった武田投手は、その後も粘り強い投球を披露する。球数が既に100球を超えていた7回裏も続投したが、2死2塁から四球を与えて1、2塁としたところで降板。2番手としてマウンドを任された津森宥紀投手は三振でピンチを脱し、リードを守った。

 しかし8回裏、3番手で登板した松本裕樹投手が適時打で1点差に詰め寄られ、なおも1死2、3塁という窮地に。ここで打席に入ったソト選手への初球がボールとなったタイミングで、ホークスベンチが動く。申告敬遠で満塁策を取り、本日3安打の牧選手との勝負を選択したが、フェンス直撃の適時二塁打で試合をひっくり返された。

 9回表、福岡ソフトバンクは2死から四球で出塁した牧原選手に代走・周東佑京選手を送る勝負手を見せる。周東選手はけん制悪送球の間に一気に3塁を狙ったものの、好返球に阻まれタッチアウト。思いもよらない幕切れでカード初戦を落とした。

  123456789 計
ソ 002100000 3
デ 01000003X 4

ソ 武田翔太-津森宥紀-●松本裕樹
デ ピープルズ-平田真吾-国吉佑樹-○三上朋也-S三嶋一輝

文・吉村穂乃香

関連リンク

6/1 ジャイアンツ対ライオンズ結果
6/1 スワローズ対イーグルス結果
6/1 ドラゴンズ対マリーンズ結果
6/1 タイガース対バファローズ結果
6/1 カープ対ファイターズ結果
【ファーム】6/1 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM