【ファーム】三森大貴が3安打の固め打ち。投手陣粘れず福岡ソフトバンクが大敗

2021.5.27(木) 16:40 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月27日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神の第12回戦は、2対8で福岡ソフトバンクが敗戦した。

 福岡ソフトバンクは2回裏、先頭の5番・柳町達選手が安打で出塁すると、7番・佐藤直樹選手が安打でつなぎ1死1、3塁の好機を演出する。ここで続く8番・野村大樹選手が適時打を放ち先制に成功した。

 福岡ソフトバンクの先発はレイ投手。序盤はランナーを出しながらも要所は抑えて、3回まで無失点に抑える。しかし4回表、1死から連打と四球で1死満塁とすると、長坂拳弥選手の適時打などで4失点。レイ投手は3.2回6安打3奪三振3四球4失点と試合をつくれず降板した。7回表には、4番手・田中正義投手が1死3塁から適時二塁打を打たれ、1対5とリードを広げられる。

 打線も阪神投手陣を攻略できず、3回以降は反撃の糸口をつかめない。しかし4点差で迎えた7回裏、先頭の7番・佐藤直選手が安打で出塁すると、盗塁を仕掛けチャンスを拡大する。続く2者は三振に倒れるが、1番・三森大貴選手が適時二塁打を放ち2対5とする。

 3点差となった8回表だったが、この回から登板した5番手・高橋礼投手が相手打線につかまり3失点を喫し、打線も反撃かなわず2対8で試合終了。福岡ソフトバンクは先発したレイ投手が4回途中4失点と試合をつくれず、リリーフ陣も踏ん張れなかった。一方の打線は、三森選手が3安打の固め打ちを見せるなど10安打を放ったが、2得点とつながりを欠いた。

  123456789 計
神 000400130 8
ソ 010000100 2

神 ○中田賢一-小野泰己-浜地真澄-伊藤和雄-エドワーズ
ソ ●レイ-渡邉雄大-尾形崇斗-田中正義-高橋礼-奥村政稔 

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【ファーム】5/27 イーグルス対ベイスターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM