モヤが勝ち越し弾含む2発! オリックスが千葉ロッテとのシーソーゲームを制す

2021.5.18(火) 22:17 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・モヤ選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・モヤ選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月18日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第10回戦は、6対5でオリックスが勝利。シーズン成績を18勝19敗7分とし、借金返済まであと1勝となった。

 オリックスの先発は宮城大弥投手。2回表、2死2、3塁のピンチを招くと、エチェバリア選手に適時二塁打を許し、2点を追いかける展開となる。3回表、4回表は無失点で切り抜け、その間に味方が逆転。しかしリードを得た直後の5回表、マーティン選手に同点となる13号2ランを浴び、4対4とゲームは振り出しに戻った。
 
 打線は2点を追う2回裏、千葉ロッテの先発・二木康太投手から5番・モヤ選手が特大の4号ソロを放つと、3回裏にも1番・福田周平選手、2番・宗佑磨選手の連続二塁打で1点を挙げ同点に。4回裏には、6番・安達了一選手が安打で出塁し、続く7番・T-岡田選手に4号2ランが飛び出して4対2と勝ち越しに成功した。

 オリックスは再び同点で迎えた6回表を比嘉幹貴投手が0で抑えると、直後の6回裏に5番・モヤ選手がこの日2発目となる5号ソロを放ち、貴重な勝ち越し点を奪取。8回裏には、紅林弘太郎選手の犠飛でリードを2点に広げる。9回表は、2死1、2塁から1点を失うも、最後は村西良太投手が代打・井上晴哉選手を中飛に打ち取り、6対5で試合終了。

 勝利したオリックスは、モヤ選手が3安打2本塁打の活躍。T-岡田選手にも本塁打が生まれ、一発攻勢で試合を決めた。先発・宮城投手は、5回102球6安打5奪三振3四球4失点の内容も、救援陣が粘り強い投球で勝利を引き寄せた。一方敗れた千葉ロッテは、先発・二木投手が4回4失点とリズムに乗れず。打線は最終回に1点差まで迫り、一打逆転の好機をつくるも、あと一歩及ばなかった。なお、最終回を締めたオリックス・村西投手がプロ初セーブを記録している。

  123456789 計
ロ 020020001 5
オ 01120101X 6

ロ 二木康太-●鈴木昭汰-小野郁-河村説人
オ 宮城大弥-○比嘉幹貴-富山凌雅-能見篤史-K-鈴木-S村西良太

文・岩井惇

関連リンク

5/18 イーグルス対ファイターズ結果
5/18 ライオンズ対ホークス結果
【ファーム】5/18 ファイターズ対イーグルス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM