佐々木朗希がプロ初登板初先発で5回4失点。スパンジェンバーグの同点打で鴎対獅子は引き分け

2021.5.16(日) 18:34 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

5月16日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第9回戦は6対6で引き分け。千葉ロッテが序盤からリードするも、埼玉西武が追いすがり、シーソーゲームの決着はつかなかった。

 千葉ロッテの先発・佐々木朗希投手は1回表、先頭の若林楽人選手、森友哉選手に安打を許し1死1、3塁のピンチを迎えるも、4番・山川穂高選手を三振に切って取るなど無失点で立ち上がる。するとその裏、埼玉西武の先発・平井克典投手を打線が攻め立てる。先頭の荻野貴司選手が左翼席へ2号先制弾を放り込むと、続くマーティン選手も初球を完璧に仕留め11号ソロ。2者連続本塁打で幸先よく2点を先制する。

 援護をもらった佐々木朗投手は2回表を2つの三振を含む3者凡退で抑える。打線は2回裏にも先頭のレアード選手の安打、犠打などで2死3塁の好機をつくると、9番・佐藤都志也選手、荻野貴選手の連続適時打で2点を追加。4対0とリードを広げる。

 しかし3回表、佐々木朗投手は先頭の金子侑司選手に守備の乱れを突かれ出塁、盗塁を許すと、若林選手、源田壮亮選手から連続適時打を浴び2点を返される。さらに四球などで1死1、3塁とされ、栗山巧選手の犠飛で1点を献上。この回一挙3点で1点差まで詰め寄られる。5回表には暴投で1点を失うが逆転は許さず、5回107球6安打5奪三振4失点(自責点2)の内容でマウンドを後続に託した。

 4対4で迎えた5回裏、打線は埼玉西武の2番手・與座海人投手から荻野選手が安打で出塁すると、続くマーティン選手がこの日2本目となる12号勝ち越し2ランを放ち、不穏な空気を吹き飛ばす。6回表は鈴木昭汰投手が、7回表はハーマン投手が走者を出しながらも無失点で切り抜け、リードを守った。

 しかし8回表、唐川侑己投手が連続四球などで2死1、3塁のピンチを招くと、8番・スパンジェンバーグ選手に2点適時打を放たれ再び6対6の同点に。最終回は、9回表を益田直也投手が危なげなく3者凡退に抑え味方の反撃を待つも、9回裏は埼玉西武のギャレット投手を攻めきれず、試合はそのまま引き分けに終わった。

 千葉ロッテはプロ初登板初先発の佐々木朗投手が自慢のストレートで5つの三振を奪うなど堂々とした投球を披露したが、継投陣がリードを守り切れなかった。打線は荻野貴選手、マーティン選手が本塁打を含む3安打の活躍でチームをけん引。なお、この試合で3番手・ハーマン投手が通算100ホールドを達成した。

 一方の埼玉西武は、先発の平井投手が4回5安打2死球4失点と試合をつくれなかったものの、小刻みにつないだ継投陣が踏ん張り、打線も5つの盗塁を成功させるなど足を使った攻撃を披露。同点とした後も勝ち越しを許さず、引き分けに持ち込んだ。

  123456789 計
西 003010020 6
ロ 220020000 6

西 平井克典-與座海人-武隈祥太-伊藤翔-小川龍也-十亀剣-森脇亮介-ギャレット
ロ 佐々木朗希-鈴木昭汰-ハーマン-唐川侑己-益田直也

文・山本理絵

関連リンク

5/16 バファローズ対イーグルス結果
【ファーム】5/16 ファイターズ対ライオンズ結果
5/16 ファイターズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM