【ファーム】育成・植田将太が3安打3打点! 千葉ロッテが打線爆発で快勝

2021.5.9(日) 18:46 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・植田将太選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・植田将太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月9日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第9回戦は16対3で千葉ロッテが勝利。

 千葉ロッテは2回表、先頭の藤原恭大選手が粘って四球で出塁すると、続く5番・加藤翔平選手の適時二塁打と8番・植田将太選手の適時打で、楽天の先発・藤平尚真投手から2点を先取する。さらに3回表には押し出し四球で1点を追加し、序盤から3点のリードを得た。

 千葉ロッテ先発・本前郁也投手は、4回裏に内野ゴロで1点、6回裏に横尾俊建選手の1号ソロで1点を失うも、その後の同点のピンチは無失点に切り抜ける。大量リードをもらった7回裏には山崎真彰選手に適時打を許したが、7回8安打5四死球3失点の粘投でマウンドを降りた。

 打線は7回表、2死満塁から植田選手がこの試合2本目となる2点適時打を放つと、代打・三木亮選手の適時打、福田秀平選手の走者一掃となる適時三塁打などで一挙8点を追加。9回表には平沢大河選手、西川僚祐選手、山本大斗選手にも適時打が生まれ、スコアを16対3とした。9回裏は8回から登板していた原嵩投手が3者凡退に抑え、試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、育成捕手の植田選手が打っては3安打3打点、守っては好リードと攻守にわたる活躍を見せた。また、加藤選手、平沢選手も2安打をマークした。一方、敗れた楽天は先発・藤平投手が3回途中3失点。中盤追いすがる場面を見せるも、終盤以降の継投陣が千葉ロッテ打線の勢いを止められなかった。

  123456789 計
ロ 021000805 16
楽 000101100 3

ロ ○本前郁也-原嵩
楽 ●藤平尚真-王彦程-高田萌生-牧田和久-鈴木翔天-渡邊佑樹-寺岡寛治-池田駿-佐藤智輝

文・岩井惇

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/9 ファイターズ対イーグルス結果
5/9 マリーンズ対バファローズ結果
5/9 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】5/9 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/9 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM