柳田悠岐が勝ち越しタイムリー! 松本裕樹ら投手陣も好投の福岡ソフトバンクが勝利

2021.5.9(日) 16:47 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第9回戦は、3対1で福岡ソフトバンクが勝利。6人の投手陣が埼玉西武打線を1失点に抑える好投を見せると、打線が後半につながり逆転勝利を収めた。

 福岡ソフトバンクの先発・松本裕樹投手は、初回から埼玉西武打線に攻め立てられる。1番・源田壮亮選手と森友哉選手に連打を浴び1死2、3塁のピンチを招くと、4番・栗山巧選手のセカンドゴロの間に先制点を許してしまう。なおも2死3塁の場面で打席に5番・山川穂高選手を迎えるが、キレのある直球で見逃し三振を奪いピンチを切り抜けた。

 初回に1失点も立ち直り、好投を続けていた松本投手は6回表、1死から3番・中村剛也選手に四球を与え降板。2番手で嘉弥真新也投手がマウンドに上がると、栗山選手を空振り三振に。続く3番手の津森宥紀投手も山川選手を空振り三振に抑え、福岡ソフトバンクが細かい継投で守備から流れをつくった。

 すると6回裏、福岡ソフトバンク打線は埼玉西武の先発・平井克典投手からこの回先頭の4番・柳田悠岐選手が二塁打を放ち出塁すると、5番・長谷川勇也選手も右前安打で続く。さらに無死満塁とし、7番・甲斐拓也選手が低めのカットボールをセンターに打ち上げ、犠牲フライとなり3塁走者が生還。福岡ソフトバンクが1点を奪い試合を振り出しに戻した。

 続く7回裏、打線は1番・周東選手がセーフティーバントで出塁すると、続く牧原選手の送りバントと栗原選手の内野ゴロで2死3塁とする。ここで打席に入った柳田選手が3球目をライト前に弾き返し、1点を勝ち越し。8回裏にも代打・明石健志選手の適時打で貴重な追加点を挙げ、9回表はモイネロ投手が1イニングを難なく抑え3対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先制点こそ許したが、投手陣が埼玉西武打線を1失点に抑えた。先発した松本投手は「拓也(甲斐)さんが上手くリードしてくれたお陰で、自分らしい投球ができたと思います。先制点は与えてしまいましたが、最少失点に抑えられて良かった」と6回途中4安打6奪三振2四球1失点。打線も後半からつながりを見せ、柳田選手が勝ち越しタイムリーを含む2安打をマークした。

 一方敗れた埼玉西武は、先発・平井投手が「最後の6回で点を取られてしまいましたが、全体的には出来は悪くなかったと思います。特にスライダーの切れが今日は良かったです」と6回6安打9奪三振3四死球1失点の好投。しかし打線が援護できず、引き分けを挟んだ連勝も2でストップした。

  123456789 計
西 100000000 1
ソ 00000111X 3

西 平井克典-●武隈祥太-小川龍也-十亀剣
ソ 松本裕樹-嘉弥真新也-津森宥紀-○泉圭輔-岩嵜翔-Sモイネロ

文・巴 寛道

関連リンク

5/9 ファイターズ対イーグルス結果
5/9 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】5/9 イーグルス対マリーンズ結果
【ファーム】5/9 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/9 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM