4投手で完封リレーの埼玉西武が5割復帰! 先発・松本航は6回無失点で今季2勝目

2021.5.8(土) 16:48 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・松本航投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・松本航投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月8日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第8回戦は、2対0で埼玉西武が勝利。4投手が粘投でリードを守りぬき、2連勝を飾った。

 埼玉西武打線は初回、マルティネス投手の立ち上がりを攻めて1死1、3塁とすると、4番・栗山巧選手の打球はレフト前へ。頼れるベテランの適時打で幸先良く先制に成功する。さらに、5回表には1死2塁から愛斗選手の適時打で追加点を奪い、2対0とリードを広げた。愛斗選手は「先輩たちがいい流れでつないでくれたので、何とかしていい結果で応えたいと思っていました。打てて良かったです、というよりもホッとしました!」と打席を振り返った。

 埼玉西武の先発は、4月13日以来の先発登板となった松本航投手。「今日は久しぶりの先発でしたが、初回から思い切り全力で投げました。しっかりと気持ちを込めて投げたつもりです」と、走者を出しながらも粘り強い投球で鷹打線に得点を許さない。結局、6回5安打5奪三振無失点に抑えてリードを守り抜き、救援陣に後を託した。

 7回裏は森脇亮介投手、8回裏は平良海馬投手がそれぞれ得点圏に走者を置いたが、無失点に踏ん張り、2対0のまま最終回に突入。9回裏に登板したギャレット投手は、2者連続四球と犠打で一打同点という窮地を招く。さらに2死満塁までピンチは広がったが、最後は柳田悠岐選手を遊ゴロに打ち取り、2対0で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発・松本航投手が6回無失点の快投を披露するなど、4投手で無失点リレー。松本投手は「結果的にマウンドを降りるまで無失点を継続できたので良かったです。何試合か中継ぎを経験したなかで、要所、勝負どころでの爆発力というか、ドーンと投げなければいけない場面での力の入れ方を学びました。今日はそれが生かせたかな、と思います」と登板を振り返った。野手の3失策も絡み、常に走者を背負う展開だったが、再三のピンチを切り抜けて2点のリードを守り切った。

 一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発のマルティネス投手が「初回は少しコントロールがアバウトで、相手に上手く打たれてしまったけど、2回以降は甲斐としっかりコミュニケーションを取りながら、良い投球をすることができたと思います」と7回107球5安打5奪三振1四球2失点でHQSを達成。先発として十分な役目を果たしたが、12残塁と拙攻を重ねた打線の援護がなく、移籍後本拠地初勝利はお預けとなった。

  123456789 計
西 100010000 2
ソ 000000000 0

西 ○松本航-森脇亮介-平良海馬-Sギャレット
ソ ●マルティネス-嘉弥真新也-泉圭輔

文・吉村穂乃香

関連リンク

5/8 ファイターズ対イーグルス結果
5/8 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】5/8 イーグルス対マリーンズ結果
【ファーム】5/8 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/8 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM