【ファーム】佐々木朗希が公式戦初勝利! 藤原恭大にも2ランが生まれ千葉ロッテが快勝

2021.5.8(土) 15:40 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月8日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第8回戦は7対1で千葉ロッテが勝利。待望の一軍登板へ、佐々木朗希投手が好投して公式戦初勝利をつかんだ。

 千葉ロッテの先発は、一軍昇格に期待がかかる佐々木朗希投手。力感のないフォームから繰り出される角度のある速球で、楽天打線を手玉に取る。初回は3者凡退、2回裏は安打を許すも無失点で切り抜ける上々の立ち上がりを披露した。

 打線は3回表、連続四球で2死1、2塁と好機を得ると、5番・菅野剛士選手がレフトへの適時打を放ち先制に成功。さらに2死1、3塁から、6番・高濱卓也選手の2者連続適時打でリードを2点に広げる。

 打線の援護をもらった佐々木朗投手は、3回裏に2死1、2塁から2番・吉持亮汰選手に適時打を浴びて1点を献上する。それでも同点は阻止すると、5回裏と6回裏に立て続けに招いたピンチも脱し、マウンドを後に継いだ。

 突き放したい打線は8回表、死球と安打で1死1、2塁の好機を作ると、代打・福田光輝選手がライトの頭上を越える2点適時三塁打を放ち、貴重な追加点を奪った。その後、内野ゴロの間に1点を追加すると、9回表には、2死1塁から4番・藤原恭大選手の2ランでリードを6点に広げた。

 7回以降は、中継ぎ陣の0封リレーで千葉ロッテが勝利を決めた。先発した佐々木朗投手が6回85球、5安打2四死球6奪三振1失点(自責点0)の好投でプロ入り後、公式戦初勝利を手にした。一方、楽天の先発・高田孝一投手は、6回2失点と力投したが打線の援護がなかった。

  123456789 計
ロ 002000032 7
楽 001000000 1

ロ ○佐々木朗希-東條大樹-東妻勇輔-横山陸人
楽 ●高田孝一-渡邊佑樹-津留崎大成-小峯新陸 

文・岡絃哉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/8 ファイターズ対イーグルス結果
5/8 マリーンズ対バファローズ結果
5/8 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】5/8 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/8 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM