頓宮裕真、宗佑磨の本塁打でオリックスが勝利! 能見篤史は通算1500奪三振を達成

2021.5.8(土) 17:52 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 頓宮裕真選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 頓宮裕真選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月8日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第8回戦は、5対2でオリックスが勝利。接戦をものにしたオリックスが連敗を「2」で止めた。

 今季2勝目を狙うオリックスの先発・田嶋大樹投手は、初回を3人で抑える立ち上がり。援護したい打線は2回表、2死から6番・モヤ選手が安打で出塁すると、続く7番・頓宮裕真選手が甘く入った直球を逃さず、左翼スタンドに突き刺さる第5号2ランを放ち先制する。

 援護をもらった田嶋投手は、3回裏に1点を失うが同点は許さず。4回裏には、3者連続三振を奪う圧巻の投球を披露し、付け入る隙を与えない。すると6回表、打線は先頭の1番・宗佑磨選手が第4号ソロを放ち、さらに田嶋投手を援護する。

 2点リードとなった6回裏、田嶋投手は荻野貴司選手とマーティン選手に連打を浴びて、無死2、3塁と一打同点のピンチを招くと、3番・中村奨吾選手の犠飛で1点差に。なおも1死2塁のピンチが続いたが、後続を打ち取り同点は防いでマウンドを後に託した。

 継投に入った7回裏は、今季2試合目の登板となる村西良太投手が1イニング無失点の好投。8回裏は、富山凌雅投手が2四球で招いた2死1、2塁のピンチを脱し、リードを守った。すると打線は、9回表に集中打を浴びせる。連打で1死1、2塁の好機を作り、頓宮選手の内野ゴロの間に1点を追加。さらに、大城滉二選手の安打で2死1、2塁と好機を拡大すると、代打・ジョーンズ選手に適時打が飛び出し、最終回に貴重な追加点を奪った。

 3点差とした9回裏は、ベテラン・能見篤史投手が登板。先頭のレアード選手から三振を奪い、史上57人目の通算1500奪三振を達成した。後続も危なげなく処理し、5対2で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発した田嶋投手が6回4安打無四死球6奪三振2失点と、要所を締める投球で2勝目を挙げ、中継ぎ陣も0封リレーでリードを守り切った。打線も2本の本塁打が飛び出すなど、投打がかみ合った。千葉ロッテは、先発・美馬学投手が7回5安打1死球9奪三振3失点の力投。マーティン選手がマルチ安打を記録したが、好機であと一本が出ず、美馬投手を援護できなかった。

  123456789 計
オ 020001002 5
ロ 001001000 2

オ ○田嶋大樹-村西良太-富山凌雅-S能見篤史
ロ ●美馬学-田中靖洋-小野郁

文・岡絃哉

関連リンク

5/8 ファイターズ対イーグルス結果
5/8 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】5/8 イーグルス対マリーンズ結果
【ファーム】5/8 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/8 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM